ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バンドマンのための、やさしい電気1

バンドで使う楽器は、ほとんどが電気楽器(エレキ)です。ですから、最低限の電気の知識はあった方が良いと思います。ほとんどが中学校で習う「技術」や「科学」の分野ですから、難しいことはないと思います。

記念すべき第1回は、各方面からご要望の多い(笑)

はんだ付け講座!

ピックアップやスイッチ類の付け替えとか、スピーカーケーブルの配線など、アマチュアバンドマンは「はんだ付け」が必須科目です。スケールやコード理論よりも重要かも知れません。

工作少年だっためろん池田は、電気楽器をひとつも使っていないにも関わらず、メンバーの楽器のはんだ付けをいつもやっていました。


新品のケーブルと部品でしたら難しいことはあまりないのですが、付け替えとか中古部品だと、どうも音が良くないとかノイズが乗りやすいということがあると思います。絵が下手なのは笑ってやってください

イマイチ

こういう状態では、確実な接続とは言えませんし、明らかに音も悪いはずです。特にピックアップなど、微少な電圧を扱う部分では顕著に出るはずです。

イイ!

あくまでも、「接触すべき部分が接触した状態で、周りを半田で固める」事を基本としてください。電線をターミナルに絡めるか、きっちりくっついている状態にします。「付けられる部分」をはんだごてでしっかり暖め、半田を流し込むように入れます。絵や写真ではなかなか伝わらないので、何回もやって体が覚えるのが一番でしょう。

また、そのためには「古い半田」をきっちり落とすことが何よりも重要になります。
私のはんだ付け道具一式。

道具一式

奥にある、フラックスリムーバーと半田吸い取り線を持っている人は少ないのではないでしょうか。綺麗にクリーニングするためには必要ですから、最低でも吸い取り線は買って下さい。

実際にはんだ付けする画像を載せれば良いのですけれど、両手を使うのでカメラが写せません(笑)めたりすとさんかBi-Shopさん、献体とカメラ持参で遊びに来てください。

つづく。
スポンサーサイト

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/13(月) 22:57:58|
  2. バンドマンへ捧ぐ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

では

デヂカメ持って伺いましょう!
だいたい りむうば?てのは 売ってるところをみたことがありません。むかしガッコーの技術室にメンソレータムのようなやつがあったような気もしますが・・・
またあれです 3本セットのはんだ付け用の割り箸みたいなやつも買ったことありますが 使ったことありませんでした。
 考えてみれば わしは配線くっつけるのは おもにセロテープでした(笑 またセガレがやってたのは ガムテープでした(笑 こまったもんです。
 さらに PU調子悪いやつが グッドタイミングであるんですが もってって良いでしょうか?
  1. 2006/02/13(月) 23:09:31 |
  2. URL |
  3. めたりすと #-
  4. [ 編集]

まぁ

テープでも構わないんですが(笑)
配線を留めるのは、常に圧着されているのが理想なので、伸縮性の強いビニールテープかブチルゴムテープを使ってください。

献体は喜んで受付します。持ってきてね。
  1. 2006/02/13(月) 23:28:55 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

おおっ!

待ってました!ついに開設「はんだ付け講座!」(笑)
特にギタリストの皆様!
配線いじると楽しいっすよ~!

>>めたりすとさん
僕もビニールテープで固定してました(爆)

近いうちおじゃましなければ(笑)
  1. 2006/02/14(火) 18:00:07 |
  2. URL |
  3. Bi-Shop #LYbQO2Mg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/89-f466f504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。