ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヘッドの話(続々編)

タム・バスドラム用ヘッド
前にも書いたように、あまり頻繁に張り替えるわけではないので、沢山の種類は試していません。また、ライブなどで自分のドラムセットを使える場面は限られているので、まぁ参考程度と思ってください。


REMO(レモ)

コーテッド・アンバサダー
やはり定番、20年前はパールの上級のモデルに標準装備されていました。やはり独特の倍音があって「テン」「トン」「ドン」とちょっと濁った音がするのが「ドラムらしさ」につながっています。パンパンに張ってジャズやクラシカルなロックにベストマッチです。また、独特の倍音によって音に「ハリ」があるので、ローピッチでもイケます。ティッシュやペーパータオルをガムテープで押さえるミュートを使いますと、サスティンが自在にコントロールできるので、どんな音楽でも使えます。まさにスタンダード。

ピンストライプ
10年前くらいまで、各社中級以上のモデルに標準装備されていました。2枚のフィルムを合わせて、更に端の方を圧着してあるようです。2枚合わせただけのエンペラーとは違う音がしますし、かなりミュートがされているのでこれ以上のミュートは不要でしょう。ミドルからローピッチでその真価が発揮され、「ドゥン」と重い音が出ます。ライブハウスやスタジオ等で一番採用されているのではないでしょうか。わりとタイコを選ばず、またどんなチューニングでも同じ様な音が出るので、使い回しには好都合といえます。ただ、そこが私の気に入らないところで、あまり使いません。厚いヘッドなので丈夫そうですが、めろん池田はバスドラムを2回破いたので、意外と弱いのかも知れません。

クリア・アンバサダー
最近のドラムにはコレが標準なのが多いのではないでしょうか。余計な倍音が無く、高音域まで素直に伸びています。「ポン」という澄んだ音がします。サスティンも長いので(長すぎるときはミュートすればよい)あらゆる意味で万能なヘッドです。高次倍音まで素直に出ると言うことは、聞いた感じがハイピッチに聞こえる事もありますから、そういう部分が気に入らない人もいるかも知れません。めろん池田はコレが一番好きです。
また、素直な音でサスティンが長いことから、ボトム用のヘッドとしても向いています。表裏同じヘッドを張るよりも、裏をクリアにする方が表のヘッドの個性をより強調してくれる効果があります。

クリア・エンペラー
タム、バスドラムの打面用として人気があるようです。(ちなみに、ディプロマットは188ミクロン、アンバサダーは250ミクロン、エンペラーは188ミクロン2枚重ねです)アンバサダーより倍音が押さえられ、ピンストライプほどミュートされていないので、使いやすいのでしょう。耐久性があると思われがちですが、これもめろん池田は破いたことがあるので、何とも言えません。

CS
元はマーチング用として開発されたと聞いています。ピッチ感がはっきりしていて、とにかく良く鳴り、良くヌケます。中心部分は厚いので耐久性があり音量もありますが、エッジの当たる部分はアンバサダーと同じなので、反応が良いのだと思います。ただし「コロン」とした音で、独特の「CS臭さ」があるので、それがイヤな方にはオススメしません。バスドラム用としては、アタックが良く出るのと耐久性があるのでオススメです。

パワーストローク系は最近人気のようですが、めろん池田は使ったことがありません。使ったことがある方のコメントがあると嬉しいです。


EVANS(エバンス)

ハイドローリック
2枚のフィルムの間にオイルを挟み込んだ独自のヘッド。スティーブ・ガッドが使っていたことで、一躍有名になりました。あくまでも重く、そしてダークでディープなサウンド。ピンストライプとは一線を画しますが、少々音量がないので使いやすいヘッドとは言えないと思います。私は結構好きです。


Ludwig(ラディック)

シルバードット
ビスタライトに張れば、まさにボンゾサウンド。アタックがあり、CSよりも明るい感じで、使いやすいヘッドです。でもあまり売ってないのです。


パール・ヤマハ・タマetc

コーテッドは、やはり我慢のヘッド。クリアとドットタイプはそこそこ使えますが、サスティンと音量感がいまいちです。
ただし、特筆すべきはパールが最初に出した「ブラックビート」に代表される、メーカーのロゴが入った、黒いバスドラムのフロントヘッド。これは今や世界標準。穴をあけてしまうことがほとんどだけど、音もレモのクリアやホワイトスムーズに似ていて悪くないです。


あくまで、めろん池田の個人的感想であり、全てのヘッドを試したわけではないことを、改めてお断りしておきます。
スポンサーサイト

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/12(日) 23:40:59|
  2. ドラム研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

ほんと、昔ドラム買った時、コーテットアンバサダーでしたね。それわそれで気にいってました。(て、ゆうかよくわかりませんでした。ははは)あ、そう今日バスの内側を4分の1くらいずつゆるめたのですが、わたし好みな低音が踏んでていい感じに聞こえました。
  1. 2006/02/13(月) 21:56:51 |
  2. URL |
  3. ドラムすこ #-
  4. [ 編集]

ほほー!

あれです わしはたとえば弦の種類についてとかだと こんなにあげられませぬ・・・買うときの基準は“安い”です(笑
  1. 2006/02/13(月) 22:20:04 |
  2. URL |
  3. めたりすと #-
  4. [ 編集]

今度張り替えるときは

全部コーテッドアンバサダーにするつもりです。本当は表も裏も張り替えたいのですが、とんでもない金額になるのでいつになるかは不明です。

まぁ、ギターの弦みたいに頻繁に切れたりしませんから、安さは考えていません、それより寿命の方が大事かな。
  1. 2006/02/13(月) 23:25:23 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

そういえば

私のバスドラムは、パンパンの(これ以上上がらない)状態から、丁度1回転下げでした。24インチですから、ドラムすこさんのよりは「張った」状態に出来ますね。バスドラムは、よりヘッドを張った状態にするか、サイズを小さくすると跳ね返りが良くなって、ダブルなどが踏みやすくなります。
  1. 2006/02/14(火) 06:02:01 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

俺の場合は

スネア、タムなどはコーテッド・アンバサダーが一番音作りがしやすいのは間違いありませんね。
ただ、俺の場合は耐久性と野太い音を目指しているので、ピンストライプを使うのがほとんどです。
チューニングが下手なので、フロアなどは外周部分にムーンジェルなどをはって調整してますね。
ドラムが鳴りすぎてミュートしないと録音したときにすごいことになったのが原因の一つでもありますがw
スネアは最近パワーストローク4をメインで使っています。
中にリングミュートが内蔵されていてピンストよりミュートされた音で、はっきりいって従来のヌケた音ではないですから、ジャンルを選ぶヘッドかと思いますね。
バスドラのパワーストローク4は普通は付属のパットを張るので耐久性は結構あります。
これも最初からミュートされてるので、ノーミュートでもまとまった音になります。
しかし、最近バスドラのチューニングは悩むことが多いですね。
今のところフロントを張って、打面をゆるゆるということで落ち着いてます。
まぁ、もっとも困っているのはなんのビーターを使うかだったりするんですけどねw
  1. 2006/02/19(日) 07:37:38 |
  2. URL |
  3. H2改 #-
  4. [ 編集]

パワーストロークの

コメントありがとうございます。最近ハヤリなのでしょうか、よく見かけますね。買ってみたいけど高くて・・
結局はコーテッド・アンバサダーが一番無難で安いので、それになってしまいます。
バスドラムのチューニングは、誰かに叩いて貰いながらやることが多いです。私もゆるゆるの音が好きだったのですが、離れて聞いてみるとかなり感じが違います。オンマイクでレコーディングだとイイですけど、遠鳴りさせるには、ある程度張った方がイイ感じです。
ビーターは換えると面白そうですよね。キタノのチタンビーター使ってみたいですけど、高すぎます(泣)

あと、H2改さんのブログネタで申し訳ないですが、タムのベンドダウンは張り方が均等でないときに起こるのではないでしょうか。昔ドラムマガジンにベンドダウンさせる不均等チューニングが載っていたことありますよ。
  1. 2006/02/19(日) 19:47:22 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

チューニング

均一に張ってある自信はないですw
ただ、日によってストレートに延びることもあれば上がることも下がることもありますので、あまり気にしないようにしています。
とはいっても、録音してはっきりとわかるくらい変化している場合はチューニングしなおしますけどねw

パワーストローク4の利点は、音をまとめやすいのと、耐久性だと思います。
例えば、コロラドのスネアはパワーストローク4にムーンジェルを端に二枚はっただけですが、結構張ってあるにもかかわらずヌケない太い音になってますね。
正直ちょっとやりすぎたと反省してますw

バスドラのチューニングはまだどれが良いというのはわかりません。
ただ、現状のプレイスタイルだとゆるめた方がやりやすいです。
仮に張った状態にする場合は、プレイスタイルをオープン奏法にするときじゃないかなぁと思ってます。

で、実はバスドラを中古で買いましたw
YAMAHAレコーディングカスタム22インチです。
コロラドはメインにこのバスドラを使い、もう片方は今までの24インチのバスドラを使用しています。
音をそれなりに揃えるのは苦労しました・・・ってそんなに揃ってないですけど・・・
とまぁ、実はツーバスでやってたんです、ほんとすいませんw

で、足パターンは
どっ どどっ どどっ どど・・・
右 左右 左右 左右・・・
となってまして、
右 右左 左右 右左・・・
というパターンも考えられますが、右メインで踏む理由は、左でバスドラとハイハットを一緒に踏んで、手で単純にクローズハイハットを右足と同じように刻むだけでハイハットの音がシャッフルパターンになるんですね。
実に面白いドラムパターンだと思います。

う~~ん、無駄に文章長くてすいませんw
  1. 2006/02/21(火) 19:40:57 |
  2. URL |
  3. H2改 #99DFA69w
  4. [ 編集]

そういえば

私は最近、いつのまにかオープンになっていました。曲の中の決め所でアクセントが欲しいときにクローズにすることもあります。

不均等チューニングは、いつか書きます。うまく行くと、本当に綺麗にダウンしますよ。

それと、足順のご説明ありがとうございます。
私も
>右 右左 左右 右左・・・
これはマスターしてみたいです。楽しそう。

ハイハットと同時に踏むのは面白いですね。やっぱり若い方は発想が柔軟なのでうらやましいです。いまのところ、3連を右右左と踏んでいるのですが、右左右とか左右左で出来るようになりたいです。

新しいバスドラムの画像も、ご自分のHPにアップしてください。楽しみにしています。
  1. 2006/02/22(水) 00:14:10 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/88-ca40b3d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。