ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もう2月

早いモノで、今年もあと残り11ヶ月になってしまいました。

最近、レコーディングの真似事をしてつくづく感じたことを・・
ドラムに限らず、楽器の音を決定づけるのは「その人の叩き方(弾き方)」です。楽器が新しかろうが古かろうが、また高級品でも安物でも、出てくる音は「その人の音」ですね。こう書いちゃうとそれで終わりなんですが・・

ドラムの役割は、バンド全体のリズムキープと、AからBへ、BからCへと展開する「きっかけ」づくりです。オカズを入れるのもそうですし、抑揚をつけたり、他のメンバーを「その気にさせる」演出が必要になります。

オカズ(フィル・インともいいます)は12小節とか16小節とか、まぁ曲の節目に入れるので目立つし、みんな一生懸命練習するのではないでしょうか。ですが、大事なのはオカズにいく直前の状態や、曲が展開したあとの処理だと思います。オカズにチカラ入れまくって、その後がへろへろでは残念ながらノリは出せません。

めろん池田なりに色々思うことはありますが、一番キモになるのはハイハットの使い方ではないでしょうか。

例えば、曲がだんだん盛り上がってサビにいくとき、バスとスネアはそのままの音量で、ハイハットを堅く閉めた状態から段々開いていき、叩くチカラも大きくしていきます。オカズを入れてサビに入ったら、また堅く閉めて刻みます。たったこれだけでもずいぶんと変わると思います。

お試し下さい。
スポンサーサイト

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/01(水) 23:03:02|
  2. 集え!ドラマー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

節分ですね

昨日はお付き合いいただきましてありがとうございますm(_ _)m 大満足なものとなりました☆ ドラムはまだマネごとも出来ぬ私ですが たまに叩いていて気が付けばやはり派手なオカズばかり叩いてみたくなります 基礎をしっかりやってみます。
  1. 2006/02/02(木) 13:30:43 |
  2. URL |
  3. シナで #-
  4. [ 編集]

節分は明日です

本当はアゴちゃん本人のドラムセットで録ってあげたかったんですよ。申し訳ないです。品でさんは、ボーカルにも独特の味がありますから、面白い物が録れましたね。私もちょっと満足です。OFFさんのレコーディングは私もずいぶんと勉強になりました。

ドラムですが、オカズに目がいくのは当然です。ですが、普通にリズムキープしている時間の方が遙かに長いんですよね。
  1. 2006/02/02(木) 21:30:58 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/80-beace0dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。