ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いい音を聞こう

丁度、ドラムのチューニングの話にもなりましたし、ドラムに限らず「楽器の音」について考えてみましょう。

「いい音だね」

と人からいわれるのは、アマチュアであってもバンドマンなら一番嬉しい言葉です。では何をもって「いい音」とするのかということですが、まず「いい音」を知ることからはじめましょう。

音楽を聞くのには、大きく分けて二つあります。生演奏と、CDなどを聞くことです。
一番良いのは、音響の良いホールで、良いミュージシャンの演奏を、良いPA屋さんで聞くことです。著名なプロミュージシャンのコンサートに頻繁に行ければ良いのですが、なかなかそうもいきません。

では、家でCDなどを聞くことになりますが、ミニコンポやラジカセでは残念ながらいい音は聞けません。最近のコンポは小さくすることと、デザインを良くすること。それと、「小さい音で良く聞こえる音づくり」がされていることです。日本の住宅事情などを反映していますね。

めろん池田のオススメは、リサイクルショップで投げ売りされている10~20年前のステレオです。豊かな時代に作られたモノですから、良い品物が多いです。本来楽器と同じ音量で聞くのがベストですが、隣人や家族に殺されかねませんので(笑)日曜日の昼間などに、なるべく大きな音で聞きましょう。

良いコンサートに行ったり、良いステレオで音楽を聞いて、「いい音」を覚えて、その音を再現しようとすることから「音づくり」はスタートするのではないでしょうか。



もちろん「その人らしい音」が出ていることと、その人の「好きな音」が出ているのがイチバンですよ。
スポンサーサイト

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/01/30(月) 23:43:16|
  2. バンドマンへ捧ぐ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

ドラムでは

ないですが どの機材をつかっても自分の音をだしたり 今ある機材で いかに自分の好きな音がだせるかを心がけたいです
または曲に合う音ですかね~
大きい音は隣人でなくても家の人に うるさいと言われてしまいますね~まいりますね
  1. 2006/01/31(火) 14:54:17 |
  2. URL |
  3. 東で #-
  4. [ 編集]

自分の音

曲に合うとか、バンドに合うとか・・言いますが。

そのバンドの(例えば)ベースはあなたなのだから、あなたの出す音が、そのバンドのベースの音なのです。あなたがそのバンドで出すべき音は「あなたの音」なのです。「誰かのような音」ではなく「自分の音」を目指してください。

なんか、意味不明ですかね。わかりづらくてすみません。

「自分の音」はほとんど弾く人で決まります。音づくりはスパイスのようなモノなのです。ただ、理想をもって目指すことはとても良いことです。
  1. 2006/01/31(火) 22:35:56 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

いいおと・・・

イコール大きな音 ではないてのは わかっているつもりでも わしはどうしても“でかい音”を求めがちです。また 最近の(おやぢ風ですが)ミニコンポ化には わしは大反対です。ふだんはテーブルやら椅子代わりに使ってもいいから 茶の間にはでかいスピーカー置きたいです。しかし 2日前に小型スピーカーをやむなく購入・・ザンネン
  1. 2006/01/31(火) 22:40:31 |
  2. URL |
  3. めたりすと #-
  4. [ 編集]

デカイ音

でもイイんですが、気持ちの良い音(コレが難しい)のレベルに収まって欲しいです。自分が運転する車に酔わないのと同じで、自分の音がうるさいと感じる人はいないのです。人の音を聞いて、うるさいなと思ったら、それ以下の音圧で出すように心がけては如何でしょうか。生意気言ってすみません。

小型スピーカーでもいい音出るモノもあるんですが、大抵高いですね。安物でも、でかくて重いスピーカーはいい音がします。
  1. 2006/01/31(火) 23:54:35 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/78-23908027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。