ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゆうふれ音楽祭の歴史4

カウンターでカレーを食べながら、話のつづき。

めろん「場所はどこで?」

主人「ほら、山部に太陽の里って公園できたじゃない。あそこでさ」

め「いつ?」

主「お盆はどお?8月15日って、なぜか雨がほとんど降らないんだよ。お盆なら、富良野を離れている若い人たちも里帰りしてくるし、墓参りぐらいしかすること無いべさ」

め「そうですね。じゃ、楽器は持ち寄りで用意しますよ」

主「どうせやるならいい音で、本格的なPA頼もうよ。知り合いがやってるところがあるからさ。安くしてもらうよ」

最低限、PA代は出演者の負担でまかなうことにして、ポスターやらパンフレット、その他の経費はカンパを募ることにしました。当初から貫いたポリシーは、

「太陽の里でやる」
「雨天決行」
「入場無料」
「地元アマチュアバンド主体」
「出演者がスタッフ」

右も左もわからないまま、この素朴なイベントはスタートしました。


今日の写真は、第4回。現在のステージが完成しました。
ついにステージ完成!

スポンサーサイト

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/01/21(土) 23:57:38|
  2. バンド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

4年目で

ステージ登場 おぉ~ステージ!
4年目でステージができたのですね
すごいですねー ステージは ゆうふれの為につくられたのでしょうか?まったく無知な物でして(笑)
 しかし ブログを拝見しますと ゆうふれに対しての熱き思いの温度差を痛感します 
  1. 2006/01/23(月) 09:33:11 |
  2. URL |
  3. 東で #-
  4. [ 編集]

それは

多分、ゆうふれのためでしょう。一応こけら落としで札幌交響楽団による「ほくでんファミリーコンサート」が開催されましたが、それ以降、ゆうふれ以外で使われていないのではないかと思います。このアタリは私も知らない部分が多いです。

温度差を感じるのは、もしかしたら単に世代の差かも知れませんね。
  1. 2006/01/23(月) 23:02:54 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/70-8afa20a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。