ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゆうふれ音楽祭の歴史3

ことの初めは、ある日五条通の某喫茶店。
コンビニもレンタルビデオ店もない、若者は喫茶店で友達と会ったり、将来の夢を語り合ったりしていました。もちろんバンドをやっている若者も同じでした。携帯電話もない時代ですから、「あそこに行けば、いつもの奴らに会える」と、いつも賑わっていたモノでした。

カウンターの中でカレー鍋を混ぜていたご主人が
主「ねえ、君たちいつもどこでバンドやってるの?」「発表の場は?」

め「いや、特に決まってないです・・」

主「デッカイとこでやりたくない?」

め「そりゃ、やりたいですよ。」

主「野外でさぁ、ほらウッドストックみたいに」

め「いいですね!それ。よーし」


と言う感じで始まったゆうふれ音楽祭。歴史は始まったばかりでした。

つづく。


今日の写真は第3回。

特設ステージ

主要スタッフとともに

まだステージはなく、南側の高台に特設ステージを作りました。
これは大変だったなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/01/20(金) 22:11:42|
  2. バンド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

このステージ

作るのは やはり大変ですね(汗)
う~ん 歴史はこのようにスタートしたのですね
  1. 2006/01/21(土) 12:48:07 |
  2. URL |
  3. 東で #-
  4. [ 編集]

初出演

のときはあれでした。同級生連中に「おまいら 身の程しらねェンでないの?」とか さんざんゆわれましたが 結果 でてよかったと いまも痛切に思ってる次第です。
わしらの世代も 某喫茶店にて 黒いカレー食うのが ステイタスでした。あと ガラナ飲んだりとか。
 なぜあそこに人が集まったのか?それはきっとあの“ヒゲ”が魅力的だったからに他ならない(笑 てな解釈ですが 如何なモンでしょう?
  1. 2006/01/21(土) 20:54:39 |
  2. URL |
  3. めたりすと #-
  4. [ 編集]

記念すべき

めたりすとさんの初出演は、あたらしい富良野バンドシーンの幕開けだったですよ。「人に見せる、見てもらう」と言うことの意義を考えさせられました。私がステージ衣装を着るようになったのは(笑)その後ですから。

あの喫茶店は、本当に不思議だけど、なぜかそういう奴らが集まる場所でした。カウンターに座ること自体がステータスでしたよ。そして、その店は今また、新しいムーブメント「狼煙」の発祥ともなりました。店の中をニコニコしながら歩き回っていた小さい女の子も、今はあんなに大きくなって・・
  1. 2006/01/22(日) 00:11:46 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

東でさん

毎日のようにレスありがとうございます。
野望も着々と準備が進んでいるので、新曲の件、よろしくお願いします。
  1. 2006/01/22(日) 18:38:55 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

俺が生まれて間もない頃にこんなことがあったんですね~
この音楽にかけるパワー凄いです!
  1. 2006/01/22(日) 20:42:51 |
  2. URL |
  3. H2改 #-
  4. [ 編集]

H2改さん

お久しぶりです。
今、このころと同じパワーが残っているかどうかは微妙ですが、若い頃ほどがむしゃらではなく、自分のできるスタンスで何かを続けていきたいとは考えています。ライブハウスや、色んな発表の場がある都会とは違った、田舎者のパワーっていいますか、そういうモノを発信していきたいというのが、私もめたりすとさんも共通の「思い」です。
  1. 2006/01/22(日) 23:58:26 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/69-17c6b061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。