ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゆうふれ音楽祭の歴史1

今、ゆうふれやら青少年ホールライブに出てくれている人たちの、半分以上が生まれる前に「ゆうふれ音楽祭」は始まりました。懐かしい写真を発掘したのでUpします。

リートーク

第2回のゆうふれ音楽祭と言うことになりますが、実は「ゆうふれ」を名乗ったのは、この時からです。1回目は別の名前でした。めたりすとさんが参加したのも、この時からですよね。まだ、今のようなステージすら無く、地べたに楽器を並べてやっています。

参加者全員がスタッフ、女子は炊き出し、本当にみんなが力を合わせてやったモノでした。時はまだバンドブームでもなく、イカ天もありませんでした。この時のようなパワーは今でもあるのかなぁ。

写真は、第1回につづきトリを務めさせてもらった、伝説(笑)のフュージョンバンド「リートーク」です。めろん池田のアップをもう一枚。

20代のめろん池田

つづく。
スポンサーサイト

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/01/18(水) 23:54:55|
  2. バンド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

お~第1回2回とトリだったのですね~
音楽好きの思いが伝わってきます
ゆうゆれ音楽祭に事は正直 今までの歴史は知りませんので興味深いです
1枚目の写真 顔があまり写ってないのが残念です
  1. 2006/01/19(木) 08:18:32 |
  2. URL |
  3. 東で #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/67-7029204e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。