ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レコーディング実験1

昨日のドラムレコーディング実験のつづきです。
マイクセッティング。

57

バスドラム。シュアーSM57
穴から、ビーターのヒットポイントを狙う。
突っ込み方で音は変わりますが、基本的にアタック重視です。

57

スネアドラム。シュアーSM57
トップ側だけです。ドラマーが聞いている音に近いです。

58

タムタム。シュアーSM58
二つのタムの中間に。パンポットを右に降りました。

58

フロアタム。シュアーSM58
これは左に降りました。ちょっと降りすぎましたか・・

テクニクス

シンバル。大昔のテクニクス製ワンポイントステレオマイク。
一応コンデンサーマイク、千円で購入(笑)
セットの中心を狙って、シンバルから1mぐらい上に設置。


SM57はシャープでクリアーな音質ですが、低音はやや苦手です。SM58は似た音質で、やや太めの音です。低音は同じくらいでしょう。
ドラムの音は、低音成分が多いですから、迫力のある音を録ろうとEQでLOWを上げると締まりのない音になってしまいます。それで、MIDを絞ることで相対的に低音のレベルも上がり、ヌケのいい音になるようです。実際のレコーディング現場でどんな音づくりがされているかはわかりませんが、とりあえず好きな音にはなりました。

適当に叩いたので(笑)テクニック的なことはさておき、音を聞いてみてください。

テスト1
テスト2

バスドラムは、ノーミュートなので「ドォーン」と鳴ります。この「ォー」の部分が胴鳴りのような成分不要なサスティン(中高音が多い)なので、「ドン」になるようにMIDの中間あたりをカットしました。スネアはやはり「ボン」という中低音成分を含んでいるので、MIDの低いところをカットしてヌケのいい音になるようにしてみました。

スタジオは残響が長めの部屋なので、スネアにのみリバーブ(プレート)を浅くかけてみました。いかがでしょうか。

感想がありましたら、コメントお願いします。

野望はつづく・・
スポンサーサイト

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/01/14(土) 13:08:04|
  2. ドラム研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

テスト録音のスネアはウルトラキャストでしょうか?
  1. 2012/01/10(火) 19:07:02 |
  2. URL |
  3. wrbs #-
  4. [ 編集]

wrbsさん

お久しぶりです。

はい、ウルトラキャストですね。UCA1450

今改めて聞くと、良くこの程度でアップしたな(笑)と恥ずかしくなります・・ね。
  1. 2012/01/11(水) 20:51:37 |
  2. URL |
  3. おやG池田 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/63-63667284
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。