ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バランス(ドラマー編)

スネアを買うとソフトケースが付いてくることがあります。バスや汽車、自転車などを利用する方は、ケースは少しでも軽い方が良いのでそれでも良いですが・・
ハードケース

車に他の楽器と積み込むときはハードケースがオススメです。これは、TAMAで扱っているプロテクターというメーカーで、安いです。


さて以前、ドラムの鳴りというか音量はスピードで決まると書きました。スピードにチカラは必要なく、器用さの方が音量を稼げます。右利きの人の場合、右手、左手、足の順で器用ですから、ハイハットが一番音が大きく、次いでスネア、バスドラムはあまり聞こえないと言う方を初心者に見かけます。特に、演奏することでいっぱいいっぱいの場合は、それが強くなります。

意識して、バスドラムを一番強く、次いでスネア、ハイハットは小さい音で叩けるようにすると、音のバランスは良くなります。なかなか、右手の力が抜けないと言う方は、ハイハットの叩く場所を工夫してみましょう。

ハイハットに限らずシンバル類は叩く場所や、叩き方で随分音が変わります。ハイハットとじるチカラ(左足)でも変わりますので、色々叩いてみましょう。

強く閉めて叩く方が、リズムがタイトになって、ノリが出やすいことが多いです。

めろん池田は、バスドラム10、スネア9、ハイハット5~7ぐらいの音量バランスをイメージして叩いています。

つづく。
スポンサーサイト

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/01/08(日) 21:46:50|
  2. 集え!ドラマー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

これはかなり重要ですよね。

ハイハットはかなりの音量がありますから、軽くたたかないといけませんよね。
めろん池田さんの教えはどれも素晴らしいw
  1. 2006/01/11(水) 07:37:36 |
  2. URL |
  3. H2改 #-
  4. [ 編集]

いえいえ

H2改さん、コメントありがとうございます。
ハイハットは、大きな音も小さな音も、シャープ、ルーズと自由自在な仕掛けですね。これを考えた人はすごいです。
エッジを叩く、ボウ(傘の部分)を叩く、それも端よりか中央よりかでも随分変わるし、スティックのチップを使うかショルダーを使うかでも全く違う音が出せます。

ハイハットの音が大きいなと思う方や、メンバーに「ハットうるせー」と言われた方は、左足に力を入れて強く閉めると、力を抜かなくても音量はかなり下がりますね。
  1. 2006/01/11(水) 20:37:32 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/57-b27e4ecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。