ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聞き耳をたてる

音量を下げて練習すると、他の楽器の音は聞こえにくくなります。ドラムは音源に囲まれて演奏するのが宿命ですから、それが当たり前とも言えます。

練習の時は、全ての楽器を丸く配置し、ドラマー以外の人がその中心で音を聞くのが良いです。あるいは、ステージと同じように一列に配置し、客席に見立てた場所で聞くと良いでしょう。ギターのシールドを長くしてその場所に行くか、ボーカルに聞いてもらいます。そこでバランスの良い状態にすれば、どちらにしてもドラマーに聞こえる音は小さいのです。

実際のステージでは、モニターもありますが、上手く聞こえないときもあります。そのためにもこういう練習はした方が良いです。


バンドのリズム感を良くするための練習は、まず本来のスピードより少し遅いテンポで練習するのが効果的です。オカズや難しいリズムパターンなど、ゆっくりからやって、自分の音と周りの音がどういう風にからみ合ってるかを確認すると良いです。オカズは、何も考えなくてもできるような簡単なパターンに変更するもの良いと思います。

そうやって、全力を出しきらない練習ができるようにするのが良いでしょう。
音量を下げてもらうのも、そのひとつです。


私もそうでしたが、オカズに弱点がある場合は、リズムを見失わないオカズを考えるもの面白いです。タムの回しが入ったり、シンコペーションがあっても、必ず2拍4拍にスネアが入るようにオカズを組み立てるのです。これは、がむしゃらに叩くより、たまにはゆっくりひとりでドラムに座り、色んなパターンを考えると面白いです。


なかなか文章にするのは難しい・・
また考えます。

つづく
スポンサーサイト

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/01/04(水) 19:58:56|
  2. 集え!ドラマー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

昨夜はお疲れさまでした。いろいろ話しておもしろかったです。ま、音がでか過ぎると、わけわからなくなる時がありますね。下げてもらう時もありますが。バランスは大事です。聞く側のほうからにしても。
  1. 2006/01/05(木) 21:19:22 |
  2. URL |
  3. ドラムすこ #-
  4. [ 編集]

マイ・ネーム・イズ~

いやぁ、英語はむずかしいっすね。

私も昔のバンド(トラッシュ)のころ、あまりに音がでかくて(笑)下げてもらったことありますよ。最近のアンプは性能良いですからねぇ。音に巻かれて目眩がしたことありますから・・
  1. 2006/01/05(木) 21:58:35 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

昨夜は

池田さんとお話ができて嬉しかったです。
昔の話も色々と興味深くて…(笑)
また聞かせてください。
  1. 2006/01/05(木) 22:11:11 |
  2. URL |
  3. Bi-Shop #LYbQO2Mg
  4. [ 編集]

Bi-Shopさんは

英語も達者ですね。私は、このまま拉致されるような危機感を感じました(笑)

昔の話をするようになったら年寄りになった証拠ですな。いやいや、気を付けます。スクエアの話はまたいつか。
  1. 2006/01/05(木) 23:24:47 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

おつかれさまでした

ちまたの大音量にかんして わしもかんがえてみました。

 あくまでも「音をでかくする」てのは たぶんそれに伴い 気持ちも高揚させる1つの手段ではないかとおもいますが もちろん程度もあり バンドあんさんぶるもあるわけで 「おっしゃるように アンプのボリュームを上げたりするのは ギターが弾けない奴でもできるわけで それ(音がでかいこと)を“武器”と解釈するのは かなり無理あります。また サンハンキカンに影響がでるぐらいの音量ともなれば それはきっと地獄でしょう。
 そーいえばむかし わしがギターを弾き始めると・・いやBLAST JAILが演奏を始めると「音下げろ」「1曲減らせ」と必ず言われてた時代がありましたな(笑
  1. 2006/01/05(木) 23:42:12 |
  2. URL |
  3. めたりすと #-
  4. [ 編集]

まぁアレです

私も敢えて大きな音でやらせたこともあります。特にバンド経験の少ない人たちには「大きな音を出す気持ちよさ」がまず一番先にあるものだと思いますし。

ただ、やって気持ちが良い音楽と、聞いて気持ちが良い音楽とは、必ずしも一致しないものです。上手になったベテランほど、そういうことに気を遣っていくのが大事でしょう。

ましてや、意図的にハウリングさせるなんて・・(略)
  1. 2006/01/07(土) 19:21:15 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/53-bcf91466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。