ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラジカセ

昔は、どこの家にもありましたよね。ラジカセってやつ。


正式名称?は、ラジオカセットだったかな?

その名の通り、ラジオとカセットテープレコーダーが一体になっていて、ラジオを聞いたりカセットを聞いたり、ラジオを録音したり(エアチェックってやつね)内蔵マイクでまぁいろんなモノを録音できたわけです。

最初はとりあえず「録音できる」程度だったんですが、FMステレオ放送の普及とともに、音楽をより良い音で録音・再生出来るようにステレオ化、大口径スピーカーの採用と進化してきました。それに伴って、内蔵マイクも高品質なモノが使われ、実際コンサートやバンド練習を録音すると、結構いい音で録れたモノです。なにより、すべての機能がそれ一台で完結していることが素晴らしかったです。

CDの時代になって、ラジカセにもCDが搭載され、ダビングできるWカセットなど多機能化する中、いつの間にか内蔵マイクは省略されるようになりました。生演奏などを録音するという用途が少なかったのでしょうね。


生演奏や鳥の声、SLなんかの音を録音する目的には、ソニーのカセットデンスケに代表される、本格的高音質だけど大掛りなシステムがありましたが、お値段もワンランク上だったし、なにより「手軽さ」がありませんでした。


ここ最近、遠方の方とバンド活動をするに当たり、お互いに録音したものを交換し合うような「いわゆるアナログ的」手法を採ろうということになりました。「ラジカセ」で録った「カセットテープ」っていうのが理想だったんだけど、もう今となってはそういう「ラジカセ」が手に入りません。その辺にないのです。

MTRが普及価格で手に入るようになりましたが、やはりMTRはMTRの目的があるのですからそのための機能が沢山ついていて、その分大きくもなるし、マイクなど外部につながなければならない機器も増えがちです。


手軽に本体だけ持っていって、まぁそこそこの音質で録音できる機器がないものかと探しておりましたら、うってつけのものを発見しました。

2014041106.jpg

TASCAM DR-05
単三電池2本で動き、確認用の小さいスピーカーもついている。
まさに現代のラジカセ。

音も結構良いですよ。昨日の記事に入れてある音はこれで録音しました。侮れません。

ふつうの三脚だと場所もとるし重いので、このゴリラポッドっていう三脚?も買いました。

2014041107.jpg

こんな設置もできます。

内臓マイクによるワンポイントステレオ録音なので、マイクスタンドを何本も立てるようなことは不要ですが、場所によって音が変わるので、こういうアイテムはうれしいですね。


今の時代なら、それぞれに自分で録ったりしたものを、ネットでPCやスマホでやり取りしたりするのが「ふつう」かもしれませんが、あえて直接会ったり手渡したります。

アイテムはデジタルだけど、手法はアナログにこだわります。


なんたって、アナログ・コンプレックスですから(笑)
スポンサーサイト
  1. 2014/04/13(日) 00:22:17|
  2. ドラム研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/499-5cd9e137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。