ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コロガシ

先日の THUNDER LOUD LIVE! でのこと。

音出しチェック中に
「ドラムのモニター(コロガシ)から、音出てませ~ん」

近くによって確認してみると、トゥイーターからカシャカシャ音が出ているだけ。
どうもウーハーが飛んでるっぽい。

ゆっくり解明している時間もないので、ブラストジェイルさんからコロガシを一台借りて事なきを得ました。


ですが、飛んでいるなら、修理なりしなきゃいけないってことで、自宅に持ち帰ってチェック。

2012041601.jpg

まずは、飛んでいる(と思われる)ウーハーを外す。

2012041602.jpg

あれ?

ヤマハっぽい型番は付いているけれど、「エミネンス」製と書いてある。

うーむ、中古を買うときに、まがい物をつかまされたかなぁ・・と、ちょっとがっくり。


調べてみたら、ヤマハだけどアメリカ製で、このスピーカーが標準のモノだと分かった。なんだか納得いかないけれど、そこにこだわっていてもしょうがない。


同じモノを部品で買うと、結構な値段がするなと思っていましたが、順番にチェックしていたら、ウーハーはとりあえず飛んでいなかった。

接触不良だったのか?


もっと調べていくウチに、やばいモノを発見

2012041603.jpg

内蔵ネットワークの手前のコンデンサーが、ふくらんで液が噴き出した後がある。

とりあえず、今現在音はまともに出ているけど、どうやらこのコンデンサーが原因だったのかも知れないし、コレを見ちゃったら取り替えざるを得ない。

ネットワークには、わりと一般的に使っている部品で値段も数十円ぐらいだけど、もちろん富良野には売ってないし(笑)通販も送料やら色々考えたら、1~2個買うとすごく高いモノに付きそうだ。


迷っていたら、昔ジャンクで買ってバラしたスピーカーの部品の中に、使えそうな部品を発見。

2012041604.jpg

容量が違うけど、どうなのか。

一応回路を追いかけてみた。

2012041605.jpg

いわゆるHi-Fiオーディオ的に考えれば難解な回路だけど、こういうモノでは普通なのかな。

件のコンデンサーは「C1」の部分なので、音に極端な影響はないだろうと踏んで交換してみた。


音はバッチリ出るようになったけど、なんだか前と音が少々違うような気もする。いや、そもそも元の音をあまりちゃんと覚えていないから(笑)なんとも言えないんですけどね。

つづく。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/17(火) 00:26:33|
  2. PA修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/457-e8db0521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。