ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

THUNDER LOUD LIVE! いよいよ明日

今日は、明日のためにステージセッティングと、音だし仕込みをやってきました。
モニターが1本飛んでたり、ケーブルが短かったり、焦りましたがとりあえず準備は出来ました。

明日は、演奏する方も、見る方も、是非楽しんでいってください!


そして、ライブ終了後の打ち上げ詳細をお知らせします。

場所
新富良野プリンスホテル 12階(最上階)
ラウンジ トップ・オブ・フラノ

生ビール・ウィスキー・ワイン・カクテル各種・ソフトドリンク

飲み放題!!


会費 ひとり¥3,000

勤労青少年ホームや市内からは結構遠いので、送迎バスをご用意しました。
もちろん送迎代込みです。

出演者の皆様以外も大歓迎です。

お客様で、当日参加ご希望の方は、TRASHメンバーか、他の出演バンドの方にお声かけください。よろしくお願いします。



さて

先日のお題の続き

「いい音」


前回も書きましたが、ライブなどで、「このバンド、いいな」と思うのは、わりと始まってすぐです。「うまいバンド」という話も書いたけれど、まず耳に入って惹きつけられるのは「その音」です。

「ワン・ツー・スリー・フォー ジャカジャーン!」

「おっ、いい音!」


バンドとか、音楽やっていれば、ほぼ誰しも「いい音」でプレイしたいと思うのは、当然のことですよね。


じゃぁ、「いい音」ってなんなんだろう?

っていうことです。



「いい音」はどこにあるんだろう。

たとえば、高いギター?

高いアンプ?

すばらしいエフェクター?


それじゃぁ、安いギターだと「いい音」は出ないんだろうか?

パワーのないアンプでは「いい音」は出ないんだろうか?



たとえば、「いい音」を出す人と同じ楽器、アンプを使ったら、同じ音が出るだろうか?




まぁこんな、答えの出ない話をしてみるのもよろしいんじゃないでしょうか。

明日の打ち上げを楽しみにしています。



まずは、明日の13時。

THUNDER LOUD LIVE! をごらんになってください。


みんな、「いい音」してますよ。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/24(土) 23:05:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

いい音に対しての 絶対的な定義は 自分の価値観で位置付けているつもりですが バンドである以上 それぞれの立場で いつも一緒にいるメンバーと同時に音を出したときの 全体が一体化した“いい音”が永遠のもくひょうですね。
明日はよろしくおねがいします。
  1. 2012/03/24(土) 23:36:31 |
  2. URL |
  3. めたりすと #-
  4. [ 編集]

ん~
今日の退勤時
明日のやる物大量じゃないか(/´△`\)
と帰りました・・・

残業次第ですが
間に合えばお邪魔いたします
  1. 2012/03/25(日) 00:23:22 |
  2. URL |
  3. カズ #-
  4. [ 編集]

めたりすとさん

BLAST JAILさんは、昔からいい音ですよ。
チューニングもピッタリ合ってるし。

本日はよろしくお願いします。

禅問答の続きは、打ち上げで(笑)
  1. 2012/03/25(日) 08:00:25 |
  2. URL |
  3. おやG池田 #-
  4. [ 編集]

カズ隊長

おつかれさまです。

是非頑張って終わらして、観戦に来てください。

道が滑るので、気を付けてね。
  1. 2012/03/25(日) 08:03:47 |
  2. URL |
  3. おやG池田 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/451-2de0aa06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。