ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

禅問答・・

ライブが近くなって来ました。

準備は進めておりますが、ギリギリです。(笑)

練習もままなりませんが、今更多少頑張ったところで突然巧くなるわけでもないので、開き直って(爆)楽しむことに専念します。

良いバンドを沢山集めたので、見るのがとっても楽しみです。



さて

打ち上げとかで話そうと思っている、普段考えていることを書きますので、面白かったら次の打ち上げで「ネタ」にしてください。


「うまいバンド」

ライブなんか見に行くと、「おっ!このバンド、うまい」と思うことがあります。

(好き・嫌い、良い・悪いという話とは別です)

「うまい」と思うと、(少なくとも僕は)じっくり見ます。そしたら、「イイ唄だなぁ」とか「イイ曲やってるな」と思うわけです。全員ではないにしても、半分ぐらいの人はそう思うと思います。

なにが「うまい」と思わせるのか?と考えますと・・


まず、「歌がうまい」

これは、ある意味当たり前ですね。


そして「演奏がうまい」

誤解の無いようにあえて書きますが、早弾きとか超高速トリッキープレイとかの「いわゆるテクニック的」なことでは無いです。

曲の大半は、ドラムならば8ビートの刻み。ギターならリフなどのリズムプレイ。ベースならコードルートの刻みか繰り返しのベースラン、で出来ています。おそらく普通のロック、ポップスなどは90%以上が、コレの繰り返しです。

その部分で「うまさ」が分かります。

もっと言えば、単純なリズム、単純なコード進行、単純な構成の、つまり「簡単な曲」ほど、「うまさ」って光ります。逆に言えば、決め所の難しいフィル・インやギターソロなどは、重要ではないと思うのです。

どれだけ練習しているかも、そう言う部分でわかります。個人練習よりも、どれだけバンドで一緒に音を出しているか、だと思います。


ですから、演奏が始まったら、すぐにわかります。1分、いや数十秒。
いや、始まった瞬間に8割方わかります。


つまり「音がイイ」ってことなんだと思います。

あと、チューニングがピッタリ合ってることも、すごく大事だと思います。


いい音の話は、また次回。


反論は、打ち上げでお願いします

スポンサーサイト
  1. 2012/03/22(木) 01:23:18|
  2. バンドマンへ捧ぐ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/450-1cc8a899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。