ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スピードコブラ

前回紹介した、TAMAのニューペダルを練習で二回使いました。

セッティング的には
2011041601.jpg

ビーターの角度を、一目盛り後ろにしただけ、ほかは買ったままです。

ビーターは、北野のチタンビーターに変えています。標準でついてくる、鳥のクチバシのようなビーターは、ネットなどで見ると賛否両論のようですが、僕は割と好きです。ビーターを変えても、踏み心地はそれほど変わりません。音はかなり違います。

第一印象は
・踏み始めが軽い
・ヒットするまでが早い

わかる人は、これでもわかると思いますが・・レビューになっていませんね。

ロングボードについて。

ヒンジからストラップ(チェーン)までの距離が長いので、ボードの角度が「踏み始めとヒット時で」変化が少ない。これが一番の違いです。弧を描くように下がるのではなく、ボード全体が下がる感じです。
一般的に多いヒールアップ奏法ですと、浮かしている足の裏とボードとの接触角度があまり変化しないということになります。同時に下がり幅も小さくなります。ものすごく安定している感じがします。ショットの粒がそろいやすいです。アップダウンダブルの時に足首の動きが少なくなります。
ボードとつま先が接触している部分の位置が、前後的に動きが少ないですから、スライドダブルなどがほんの少しの動きで済むことになります。
フォルテシモでフルショットの時、普通はつま先に渾身の力を込めることになりますが、足の裏全体を無造作に落としただけで、フルパワーになります。ひざの負担が激減です。

総じて、足に優しく、色んなショットが楽に踏めるペダルであると言えます。


コブラコイル。

正直、これは子供だましのギミックじゃないかとタカをくくっていましたが、さにあらず。
バスドラムのテンションが低くリバウンドを拾いづらいときや、拾うのが苦手な方でも、どんどん跳ね返ってきます。馬鹿に出来ないです。メインのスプリングを外してしまっても叩けるような、神な方には無用の長物とは思います(笑)


あくまで、これは僕個人の感想なので、客観的説得力はないという前提でお読みください。


購入ガイド

・TAMA&CAMCOのシングルチェーンが最高だと思っている方
・YAMAHA FP720しかあり得ないと思っている方
是非、お試しください

・パールのエリミネーター以前のペダルをお使いの方
・YAMAHAのポスト連結バーがつく以前のペダルをお使いの方
TAMAというメーカーがお嫌いでなければ、お試しください。

・アイアンコブラのパワーグライド、ローリンググライドが「重い」とお嘆きの方
今すぐ、購入をお勧めします。

・TAMAのフレキシグライドや以前のフレキシフライヤーをお使いの方
無理に乗り換える必要はないと思います。

・LUDWIGやDWをお使いの方
気にしなくて良いと思います。


今更ですが、ペダルはあくまで「道具」です。
慣れることが一番であり、今自分が慣れているペダルに勝るモノは無いと思います。

どんな道具を使おうとも、出る音は自分自身の音でありグルーブであります。
自分のセンスや努力を超えるペダルはないということを、書き添えます。


余談1

スピードコブラに付属のビーターは、見た目の奇抜さに反して、普通の音が出るビーターです。
アタック、胴鳴りのバランス、音量とも、アイアンコブラのそれよりも優れていると思います。
出音は「ドン!」と来ます。

チタンビーターは、「ベチッ!」という独特のアタック感があり、それが好きであれば、特に大音量でプレイするバンドには強力な武器になりますが、高いのであまりおすすめしません。


余談2

札幌に行ったときに、ペダル本体ではないけど、おもしろいモノを見ました。

vc_vdmg.jpg
VRUK Drum Master GRIP

説明が難しいけど、ボードの中央付近に取り付けて、ヒンジを後ろに延長するモノです。
そしてヒンジ自体が、車のサスペンションのようなリンク構造になっていて、このボード自体が前後と上下に「平行移動」するようになっています。

YOUTUBEに動画が見つかると思うので、気になる方は探してみてください。

スライドダブルやアップダウンダブル、リバウンドを利用したダブル、トリプルなど、高度なペダルコントロールをこのボード自体がやってくれます。足は乗せているだけです。

画期的だとは思いますが、僕は欲しくないですね・・
「一打入魂」出来ないですわ、きっと。


余談3

バスドラムのヘッドを張り替えました。

2011041602.jpg

REMOパワーストローク3クリアー

エッジ付近が二重構造のミュートになっています。毛布等を入れなくてもほどよいミュートが出来るので、音量、テンション、リバウンドを得やすいです。超おすすめです。

2011041603.jpg

叩いてみたい方、連絡ください。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/16(土) 23:54:03|
  2. ドラム研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

個人的に・・・

軽い感じの音は、『う~ん・・・?』って思うんですけど、重い音がビリビリ感じて最高でしたねっ!

ペダルは、素人が踏んだ感じでも違いはわかりましたよ!

細かいトコは別ですけど・・・。

ikuちゃんが「気持ち良かった!」って言ってました。

自分のベースの音が最悪だったのはへこんでますけどね・・・。
  1. 2011/04/17(日) 15:27:17 |
  2. URL |
  3. 7弦パパ #-
  4. [ 編集]

7弦パパさん

素人じゃ無いと思いますけど(笑)
明らかに「他と違う何か」は、わかりましたか?

音を褒めていただいてありがとうございます。

ごく最近ですが、こうすればこんな音が出るとか、これはたぶんこんな音がする、というのがわかってきたと思います。

ikuちゃんが「思い通りの音が出せない」のは、ある意味当然でもあるわけで、歳と経験を重ねていけば、いつの間にかわかると、慰めにもならないようなことを書いておきます。

何事も経験。がんばって。
  1. 2011/04/17(日) 22:25:27 |
  2. URL |
  3. おやG池田 #-
  4. [ 編集]

643kinです。
初めてコメントさせていただきます。
大変、興味深く、自分の知らないことが書いてあり、とても勉強になっています。練習場で現物を拝見しましたが、かっこいいですね。ヘッドもセッティングもかっこよかったです。

「見た目」だけですみません・・・
これからも楽しみにしてます。
  1. 2011/04/18(月) 18:26:18 |
  2. URL |
  3. 643kin #-
  4. [ 編集]

643kinさん

初めてのコメントありがとうございます。

見た目は、割と重要ですよ。ドラマーにとってセットは楽器であると同時に衣装の一部でもありますから(笑)

セッティングは、自分の奏法にあった「叩きやすさ」を一番に考えています。音楽に没頭したいからです。当然、それなりに洗練されたカタチになりますから、それが格好良いと思うかどうかは好みの問題ですね。

僕も643kinさんの、時々変わるシンバルセッティングを楽しみにしていますよ。
  1. 2011/04/18(月) 22:55:10 |
  2. URL |
  3. おやG池田 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/402-72a21832
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad