ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ケータイ

前に紹介した、川口千里ちゃんの新作です。



正直、オジサンは驚愕しておりますが・・
もっと見たい方は、↓こちらをクリック
Senri Kawaguchi

さて、この動画で使われているセットは、YAMAHAのHIPGIGというセットです。

ドラマーのみならずバンドマンの方ならお分かりと思いますが、ドラムというのは運ぶのが大変な楽器です。正直、車がないと運ぶのは不可能と言っていいでしょう。でかくて重いですからね。通常ライブの時などは会場にあるセットを使い、最低限のスネアやペダルなんかを持っていくのですが、ドラマーなら「自分のドラムで演奏したい」と思うのが普通ですよね。HIPGIGは持ち運びのために、コンパクトに収納できるように設計されています。椅子になっている部分と、バスドラムの中にすべてのタイコ類とスタンド類が入ってしまいます。荷物はその二つとシンバルケース、スティックケースだけになります。ただし、主に木と鉄で出来たモノをびっしり詰め込むわけですから、かなり重くなります。電車で一人で運ぶのは多分無理でしょう(笑)あと、結構お高いです。

ワタクシもやっぱりどこかで演奏するときは自分のセットを持っていきたい派ですので、車で行くにしても少しでも運びやすいセットをと思っておりました。今のところの結論はコレです。

2010061501.jpg

タイコは減らしただけですが、スタンドをすべてストレートにしました。
ダブルレッグのブームスタンド等は、はっきり言って鬼のように重いですからね。これをシングルレッグの細いタイプにするだけで重量半減です。車の燃費も良くなって、環境にも優しい・・はずです。

ブームスタンドがないとシンバルが叩きにくくなるかと思うでしょうが、

2010061502.jpg

意外と、そうでもなかったです。

コレをやってから気付いたのは、シンバルの音が良くなったことです。余計な響きが消えて、音が澄んでいます。やってみるとすぐに分かります。YAMAHAや最近のパールの一部ブームスタンドは、ブームを垂直に収納できるので、ストレートにすることが出来ます。持っている方は是非おためしください。

話を戻しますが、ギターやベースは本体をどこへでも持っていけるし、打ち上げで引っ張り出して弾いたりすることが出来ます。あれって、ちょっとうらやましい。ドラマーは割り箸でコップや皿を叩くぐらいしか出来ませんから。「携帯できるドラム」があれば良いなとずっと思っております。

ま、究極に近いのはコレです。

cajon_s_ushiro2.jpg

カホン

できることは、ドラムとほぼ同じですし、たったひとつで完結しています。しかも軽い。


だけど、やっぱり「ぼっこで叩く」のが「ドラム」なんだよな~。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/15(火) 23:13:15|
  2. ドラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

同じように僕もできれば毎回あの冷蔵庫みたいなキャビを持ち出したいのですが…12inch1発であの音が出るキャビでも開発されないかと心待ちにしています(爆)
しかしラインで卓に送られる音がメインになるのにベーシストってなんであんなにアンプにこだわる人が多いんでしょうね?(爆)
  1. 2010/06/20(日) 08:48:38 |
  2. URL |
  3. Bi-Shop #LYbQO2Mg
  4. [ 編集]

こだわりは・・

大事だと思います。場合によっては、演奏すること自体より「表現」の一部だと思ったり。

特に低音楽器は、大きさや重さでしか再現できない「音」が確かにありますから、携帯というか運搬(笑)との折り合いを何処でつけるかというのが永遠の課題と思います。

モデリングとか言うヤツで、ビッグキャビネットの音を再現できるのでしょうか?
  1. 2010/06/21(月) 22:57:59 |
  2. URL |
  3. おやG池田 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/381-5a945d70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。