ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

漁り火恋歌

漁り火(いさりび)ってのは、イカ釣り船が点ける照明が、夜の海に光っているヤツで、函館なんかが有名らしい。

富良野に海はないけど、この時期、漁り火のように暗闇に光るモノがある。


これだ

P1000089.jpg

近くに寄ってみる

P1000090.jpg

正体は、玉葱の収穫機。
その名も、オニオン・ハーベスター
(そのまんまだな)

これ、じつはワタクシが運転しております。
パッと飛び降りて、写して、また飛び乗った(笑)

雨が降らない日は、こうやって夜な夜な収穫作業をしているわけです。

P1000091.jpg

正直、楽な仕事ではありません。
ここの家のおかみさんと手伝いのおばちゃん。どんなに遅くなっても文句ひとつ言わずに、黙々と作業をします。

収穫の喜びとか、色々言うけど、「黙々と・・」というところに、農業の真髄があると思います。

カレーライスを食べたり、スーパーで「ふらの産たまねぎ」を見かけたりしたときは、このおばちゃん達を思い出してください。


明日も明後日もその次も・・この作業は続きます。

雨が降れば、お休みです。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/12(土) 21:56:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/355-735ae87b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。