ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

作品

バンド・・だけとは限らないけど、音楽一般そして演劇や落語や、いわゆる諸々の
「ステージで表現する芸術」
というのは、時間と共に空間に放出される無形のものだ。

音楽の場合、その音というのは楽器や口から発生した次の瞬間には消えて無くなり、その「次の瞬間」には、そのまた次の音か、前の音の余韻しか残っていない。例えば、1曲の楽曲を数年かけて作り込み、また数年かけて緻密に練習したとしても、音を出した瞬間にそれは終わってしまうのだ。

例えば、カタチとして残せる芸術、絵画とか彫刻、書道などは、それを書いたり作ったりしている課程は、もちろん重要だろうけど、普通それをお客さん?に見せるモノではない。

音楽は、作品としてそれを作る課程そのものと結果としての音を同時に表現というか、見たり聞いたりしてもらうものであるが故、それをあとから評価することは出来ない。残っているモノは、聞いた人のココロの中、記憶の中にしかないからだ。


つまり

何を言いたいかというと


書いていて自分でもちんぷんかんぷんになってきていますが(笑)


「自分の表現した音楽」を

聞く人たちと同じ立場で聞いたり評価することは、絶対出来ないのだ。


表現したモノを、あとで確認したり、ある程度客観的に評価するために、昔はラジカセを客席に置いて録音していた。

20年くらい前からはビデオカメラが普及してきて、映像と共に「お世辞無し」の自分(笑)を確認できるようになった。ビデオの登場は、バンドマンにとって画期的な出来事だったと思う。


どうでも良いウンチクはこれぐらいにして

やっと本題(笑)

最近はデジタルビデオが一般的で、録ったモノをDVDにしたり、昔のダビングから比べれば、飛躍的に画質劣化無しの映像を手に入れることが出来るようになった。

ドン・バンドも始めてのステージから、全部DVD化している。デジタルビデオからデータをPCに取り込み、DVDにする。特別な知識や、高価な機材、技術やノウハウは不要だ。

先日のライブで、ライブハウスからビデオをいただいた(もちろん有料ですが)
しかしこれはVHSテープ。メンバーみんなで所持するためには、ダビングしかないのだが、最近はVHSのビデオデッキが無い家庭もあるらしい!HDDレコーダーってことね。

そこで、コレをなんとかDVD化できないかということで

2008120501.jpg
ごちゃごちゃしておりますが、VHSビデオからの出力を一度デジタルビデオカメラにライン入力して、そこからIEEE1394ケーブルでPCに接続している。ビデオカメラ内のアナログ>デジタルコンバーターだけを使っているわけ。
2008120502.jpg
PC上で、こんなソフトを使って保存する。あとは、DVD作成ソフトで作っていくだけ。
正直、うまく行くのか分からなかったけど、確信だけはあったからなんとかできた。

これで、昔のバンドのビデオも、全部DVDに出来るぞ!


ま、DVD書き込み機能のあるHDDビデオレコーダーを持っているなら、こんな面倒なことは不要なのだけどね。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/06(土) 00:20:33|
  2. バンドマンへ捧ぐ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

なぁ~にぃ~

やっちまったな!!男は黙ってカセットテープ(笑)めんごm(_ _)m
未だにブルーレイディスクとの違いがわかりません(爆)
  1. 2008/12/10(水) 02:20:24 |
  2. URL |
  3. とくちゃん #-
  4. [ 編集]

そうなんですよ・・

いやー、うちのパソコンについているDVD書き込みドライブに、最近買ってきた地デジ対応なんちゃらってディスクを買ってきたら、書き込めないことが判明!
色々調べて、結局ホーマックに「古いタイプ」と交換しに行くことに・・知らないウチに(笑)色んな規格が生まれているらしい。そんなんだから、ブルーレイなんてなんのことだかさっぱりです。

昔のどでかいラジカセとか、録音したら普通に音良かったですよね。
  1. 2008/12/10(水) 22:11:19 |
  2. URL |
  3. おゃG池田 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/315-6b7f8d66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。