ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

気のせい?

昨日の話のつづきですが・・

PAが無い時代だったせいもあると思うけど、普通にドラムをセットして、バスドラムが正面を向くようにセットすると、バスドラムは良く聞こえて、スネアが埋もれがちでした。

ツーバスだと、普通バスドラムを左右に向けるので、ドラマーの体とスネアが正面になります。これは、スネアが良く聞こえて、バスドラムがあまり聞こえなくなりました。また、普通のセットでも、バスドラムを斜めに向けてスネアが正面になるようにセットすると、同じ結果でした。体育館の同じ場所に同じラジカセをセットして録音したモノですから、たぶん気のせいじゃないと思います。

じゃぁ、バランス良く聞いてもらうためにはどうしたらいいだろうと思って、ハイハットとスネアを前の方に出して、バスドラムが正面のまま、スネアと体も正面になるようにセットしていた時期がありました。当然、バスドラムに対して、体は直角の位置ではありませんし、ペダルも斜めに踏み込むことになります。

録音してみると、確かにバランスが良かった。でもこれは不思議なことで、最初のセットと比べて、セッティングの位置はせいぜい20センチぐらいしか変わっていないのです。音源の位置が変わったコトによる変化ではないだろうと考えたわけです。

何が変わったのかというと、それはココロの問題というか、お客さまに向かって正面から思いを伝えるっていうか、その伝えたい思いが音に影響しているのだと思っていました。というか、今でも思っています。

最近は普通にPAがある状態で演奏することが多いですので、無理せず普通のセットにしていますが、腰から下は斜めでも、上半身は正面を向くようにして叩いています。その方が絶対思いが伝わると信じているからです。


なんか、宗教じみてきましたかねぇ(笑)


リンクの追加です。

青春グラフィティ-★

ラブレひろこちゃんのサイト。ラブレサインのサイトと同じスペースにあるといいますか、ひろちゃんのサイトの中にラブレサインがある感じなので、あえて紹介していませんでしたが、ドラム研究室をリンクしていただいておりましたので、相互リンクとさせていただきました。
スポンサーサイト

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/09/09(土) 23:45:58|
  2. 集え!ドラマー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/152-72e5745b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad