ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ライブレポ!

本日、めたりすとさんのバンドBLAST JAIL怒濤のライブ強化月間ということで、一発目は芦別カーリートレインの、
北海道インディーズフェスティバル「勝手に出やがれ!Vol.14」
を観戦にいってきました。

私も、めたりすとさんも、こんな近くで、こんなイベントを、しかも5年もやっているとは全然知りませんでした。スタッフはあまり居なく、ほとんど主催者ひとりでやっている感じのイベントでしたが、そもそも自分自身が楽しむというスタンスが見えて、好感が持てました。

レポートの詳細は、BLAST JAILブログで紹介されると思いますが、一発目はまずまずの盛況であったとお伝えしておきます。富良野からは、私と東でさん、BOCCCOのマスターが、旭川からTHE MAFFIAの面々が応援に駆けつけました。最前列ヘドバン隊は、高齢のため中止(笑)

演奏終了後、ライブハウス「カーリートレイン」前で、マフィアの皆さんと記念撮影。

0604blastjail.jpg

さて、ドラム研究室としては、注目のユニットが登場!

0604taiko.jpg

勇払郡から参加されていた「しんた」さん。

動きが早すぎて、透明人間(笑)ですが、見ての通り和太鼓セットによるソロプレイ!いわばドラムソロであります。大太鼓ひとつ、小太鼓ふたつ、桶太鼓ふたつとシンバルを駆使して、なかなかにドラマチックで熱い演奏を聴かせてくれました。

全てオリジナルと思いますが、どういう風に考えて曲を作っているのか興味津々でした。和太鼓ではありますが、ポリリズム的なアジアンテイストも感じましたし、ラテンやアフリカンリズムとも通ずるような、不思議な感覚も覚えました。つくづく、打楽器はノージャンルだなということも再確認できました。


「あー、ドラム叩きたい」
スポンサーサイト

テーマ:インディーズ - ジャンル:音楽

  1. 2006/06/04(日) 22:59:38|
  2. バンド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

打楽器は深い…

「しんた」さんおもしろかったですねぇ。
最初外で聴いてて「二人位でやってるのかな?」なんて思ってて、中に入ったら、あの音数を一人で演っていたという…
僕は打楽器はもちろん素人ですが素直に「あぁ。和太鼓ってこういう楽しみ方もあるんだ…」って思いました。
  1. 2006/06/05(月) 08:22:03 |
  2. URL |
  3. Bi-Shop #LYbQO2Mg
  4. [ 編集]

昨日は

観戦ありがとうござりました!会場入りしたときは 知らん奴ばっかしでしたが わしは 顔見る奴全員にあいさつしとりました。めろんさん東でさんボッコマスターがきてくれたときは うれしかったです!
さらにスナップ撮影ありがとうござりました。慰安旅行の帰りのバスんなかで なお呑んでるおやぢ軍団にも見えますが笑
  1. 2006/06/05(月) 23:15:28 |
  2. URL |
  3. めたりすと #-
  4. [ 編集]

今月は

ツアー目白押しのBALST JAILですが、BLADES OF GRASSまで、息切れせずに頑張ってください。ライブ後のぶらじぇは、いつもこうじゃないですか(笑)

タイコは、右手と左手で違うリズムを刻んで融合させていく手法が多く使われていました。インドネシア(だったかな)のケチャとか、韓国伝統芸能のタイコも同じ様な手法が使われているようです。基本は16ビートです(驚)
  1. 2006/06/06(火) 23:01:31 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/131-77d3e776
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。