ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

・・・に、なりたい!

皆さん、それぞれ自分の好きなアーティストがいると思います。

例えば「A」というアーティストがすごく好きで、尊敬していて、「A」のようになりたいと思ったりするでしょう。そして「A」の曲を何度も聞いたり、唄ってみたり、コピーしたりして、少しでも「A」に近づきたいと思うことでしょう。

ですが、それでは「A」になれるわけでもなく、ましてや「A」を越えるアーティストにはナカナカなれません。一番悪い例は「物まね」に終わってしまうことです。


「Aのように」なりたいと願うならば、まず「A」がどんな音楽を聞いて育ったか、そしてどんな音楽にインスパイアされてその音楽を作ったかを調べて、そのルーツになった音楽を合わせて聞いてみることをオススメします。

メジャーやインディーズなら雑誌やそれぞれのサイトなどで調べられますし、その「A」が友達ならば本人に聞いてみれば良いです。そういう音楽の聴き方が「深い」聞き方だと思います。(正しいといっているわけではありません、オススメするだけです)


そういう聴き方を普段からしていると、「A」の気持ちに近づけますし、コピー曲を演奏していても「降臨する」精神状態になることができます。このいわばトランス状態は、ステージに於いて強烈なインパクトになりますし、場合によっては客がひく(笑)事もあるでしょうが、あなたが「印象に残るバンドマン」となることでしょう。


「A」が影響を受けた「B」を聞き、さらに「B」が影響を受けたアーティストも聞く。というふうにルーツをどんどんさかのぼると、もっと世界が広がりますし、バンドマン・アーティストにとっては「引き出し」を増やすことになります。


既存の曲をコピーするのは、模倣することによるテクニックの向上と、そのアーティストの心の中を覗くと言うふたつの意味があります。同じように弾けたと喜んでいるだけではダメなのです。


話を戻しますが、「A」が聞いてきた曲を自分も聞いて、自分の中で消化して生まれたモノは「A」に取って代わるモノですし、「A」を越える可能性を持っているのです。「A」ではなく、「自分」を目指してください。


特に最近の日本(だけじゃないですが)の曲しか聞いていない方は、是非ファンサイトなどで調べてルーツを探る旅をしてみて下さい。


めろん池田は、70年代ハードロックが大好きですが、好きなドラマーが聞いてきた音楽を調べると、ほとんどが50~60年代ジャズだと知りました。そういう風に思いながら改めてジャズを聴くと、今まで見えなかったモノがどんどん見えてくるような気がしています。

例えば、昔、私が思っていた
ロック=野蛮な、若者の音楽
ジャズ=気取った、大人の音楽
というイメージは、粉々に砕け散りました。ジャズやブルースがあったからこそロックが生まれたわけです。


そんなことを考えながら、たまには古い音楽を聞いてみることをオススメします。
スポンサーサイト

テーマ:バンド - ジャンル:音楽

  1. 2006/05/12(金) 22:20:40|
  2. バンドマンへ捧ぐ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

ロック

がまだ 枝分かれしてない頃のやつはぜひ聞いてほしいですな。わしのおすすめは フー キンクス CCRあたり ほんとにいろんなことに気付きます。
  1. 2006/05/14(日) 12:07:47 |
  2. URL |
  3. めたりすと #-
  4. [ 編集]

この歳になって

やっとジミヘンドリックスやレッドツェッペリンやらの良さが分かってきました。
昔より自分の耳が貪欲になっている気がします。
もっと若い頃に聞き込んでおけば良かった…
  1. 2006/05/14(日) 13:06:49 |
  2. URL |
  3. Bi-Shop #LYbQO2Mg
  4. [ 編集]

一日遅れで・・

>めたりすとさん
そうそう。ロックの枝分かれは、レコード会社の都合だったりしますので、そうなっていない頃は本当にミュージシャン自体も自由にやっていたような気がしますね。ブルースの3コードはそれ以降のほとんどの音楽の基礎になっています。それを会得する前に、最近の複雑なコード進行を覚えてしまった若者は、曲を作るにしても何かひとつ足りモノを感じてしまいます。またロックのドラムは60年代末期にほぼ完成されています。今聞いても、十分に新鮮で、古さは全く感じません。

>Bi-Shopさん
「聞きたくなったときが聞きどき」ですよ。それに、時代は巡って、今はそのあたりが旬なのかも知れませんよ。
  1. 2006/05/15(月) 23:17:55 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/05/18(木) 00:11:15 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

普通にコメントしてくれると嬉しいです。
  1. 2006/05/23(火) 23:23:26 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/127-d78f3065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。