ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セッティング考その2

学校を卒業して地元で最初に始めたバンド「リートーク」は、当時流行っていたフュージョンバンドでした。カシオペアやスクエア、高中正義、ネイティブ・サンなどのコピーのほか、ジャズの真似事もやっていました。

当時トップドラマーのスティーブ・ガッドに憧れ始めました。ガッドのセッティングはこれ。

0420sg.jpg

YAMAHA YD9000
スネアはLudwig#400です。

24インチのバスでは、見た目的にもサウンド的にも会わないと感じた私は、20インチのバスドラムを購入。セッティングはこのように変わりました。

0420fu1.jpg

使わなくなった24バスと18フロアは、その後BLAST JAILのドラムすこ氏の手に渡ることになります。第1回~2回のゆうふれ音楽祭はこれでした。その後、さらにフロアタムを省略して、このカタチになりました。

0420fu2.jpg

スネアは、パール「ジュピター」から、ヤマハ「SD955R」を経て、パールFFSメイプルファイバーに変わっていきます。

「リートーク」解散後、唄モノからロック路線へと変化してきたバンド形態に合わせて、22インチのバスドラムを購入。その頃のセッティングはこれ。

0420rock.jpg

スネアは、パールのFFSと、スティール・ピッコロを使っていました。
残っていた24バスは、ゴングバスに改造(笑)ワンステージしか使いませんでしたね。

ドラムをはじめてココまでで約10年、スネアの前に10と12のタムを三角形に配置するスタイルと、偶数サイズしか使わないセッティングは、ほぼ確立されていました。
スポンサーサイト

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/04/20(木) 22:08:55|
  2. ドラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

セッティングはやる曲によって変えられたらベストですけどねw
今度MTRを買う予定なので、それまでは今の楽なセッティングでやっていきますw
ケーブルを12本買うだけで、2,5万ほどかかるのは結構キツイっす・・・(つω`)
  1. 2006/04/24(月) 03:46:02 |
  2. URL |
  3. H2改 #-
  4. [ 編集]

曲に合わせて

>H2改 さん、お久しぶりです。
確かに、ベストはそうですが、やはりバンドに合わせて変えるのがベターと言うことで、ドラマーとしてのこだわりは多少目をつぶるしかないですよね。

私はMTRよりPAの方に興味が大きいので、今はコロガシとメインスピーカーがもう一組欲しいです。ケーブルは本当に高いけど、一番効果がはっきり出るモノなので、やっぱりイイモノが欲しいですよね。

しかし、ドラマーはそっち関係が好きな方が多いです。やっぱり、バンドサウンドを一番トータルに考えているのはドラマーなのでしょう。と、さりげなく自慢してみるテスト(笑)
  1. 2006/04/25(火) 00:59:38 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

そういえば・・・

俺は元々オーディオマニアで、ドラムをはじめる時から録音した音を自分のスピーカーで鳴らすのを目指してたんですよね。
オーディオにこだわってた時に「本当の音」というのはどういう音なのか?と思いまして、それはやはり生演奏だろうということで、ドラムを始めたという部分も少なからずあるのでw

PAというのはとても面白いですよね。
ホテルのPAで余興等で行われるバンドの調整をすることも稀にありますが、スピーカーが備え付けな上に、音の反射もよくありませんから満足できる音作りができたことはありません。
ライブ会場でのPAなんかは実に楽しそうですなw

ドラムがもっともバンドのバランスを考えてるという部分は疑いようがない事実でありますヾ(゚ω゚)ノ
  1. 2006/04/25(火) 02:25:31 |
  2. URL |
  3. H2改 #-
  4. [ 編集]

オーディオマニア

ドラマーがオーディオにはまると、ほぼ間違いなくマニアになります。それは、生のドラムの音を知っているからです。生のドラムの音を再生するのは、至難の業です。コーンスピーカーは、その構造上の宿命として、打撃音や衝撃音が苦手だからです。かなりの高級システムかオールホーンシステムじゃないと、本当の音は出せません。

PAは以前の拡声器的な役割から、積極的に音作りする方向へ変わってきています。Hi-Fiな耳を持つことと、スピーカーの限界を知っている方がオペレーションに有利だと思います。

PAオペレーションは、バンドの最終的な音作り、あるいはプロデュースとして、ドラマーにこそもっとも向いている役割であると思う次第です。
  1. 2006/04/25(火) 23:00:52 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/120-3e7ce570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。