ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チューニング

googleやyahooで「ドラム チューニング」と検索すると、すごく沢山のヒットがあります。プロ・アマチュアを問わずドラマーさんのブログやHPで、色々なチューニング手法が紹介されています。

はっきり言って、私のブログよりためになるモノが多いので(笑)、色んなサイトを見て研究し、自分のドラムで色々試してほしいものだと思います。

ですが、私なりに最近思うのは、どんなドラムでも、どんなヘッドでも、どんなチューニングでも、出てくる音は極端には変わりません。「叩いた人の音」が出てしまうモノですし、またそれが理想であると思います。

ヘッドやチューニングは、ささやかな自己満足と、ほんのちょっぴりの味付けであると思います。どう叩いたら「自分の好きな音」が出るのかを考える方が、めろん池田はイイと思います。


それでも、新しい楽器は欲しくなるし、面白いアイテムがあれば使ってみたくなるのは、人間として当然ですし、例えば「この曲はブラススネアじゃなきゃ」というような「こだわり」は、バンドマンとして持っているのが当然とも思います。


今日の一言
「自分の音を目指せ!」
スポンサーサイト

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/04/10(月) 22:38:20|
  2. ドラム研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

ドラムチューニングを検索したら、面白かったです。めろん池田さんのも参考になってます。ほんと打楽器の面白いとこですよね。ほんと、みなさん自分の音を目指しましょう。私は、平均裏の皮は、緩めですが、いじっているうちにわからなくなったりします。ま、こんな感じかな、みたいな、(笑)めろんさんは、表も裏もいっしょなのですか?

  1. 2006/04/12(水) 21:03:29 |
  2. URL |
  3. ドラムすこ #-
  4. [ 編集]

手数王、登場!

今日は、DVDありがとうございます。じっくり見ますね。

私は、スネアもタムもほとんど裏の方が張り目です。4度差(ドとファ)と書きましたが、あくまでも「だいたい」です(笑)。スネアの裏はほぼパンパンです。ハードロックやメタル系をプレイするときは少し緩めますが、それでも表よりはかなり高めです。

いじっているうちに訳が分からなくなったら、いじるのをやめて「叩き方でナントカしよう」としています。これ、結構重要なポイントです。(マジ)
  1. 2006/04/12(水) 21:20:17 |
  2. URL |
  3. めろん池田 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melon1959.blog35.fc2.com/tb.php/114-15ce69fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。