ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SPEEDKING研究(1)

叩けばわかる。って話ですが・・

なんだかんだ言って、数十年大幅なモデルチェンジをせずに存在していると言うことは、それなりに支持されていると言うことで、その理由?を「見て分かる」範囲で検証してみようという、まぁどうでも良い企画です。考察には、僕の個人的「好み」が多く支配されていますので、一般的な評価とはいえないと言うことをご了承願います。

比較対照は、僕が普段使っているペダルたちです。


左から
スピードコブラ
アイアンコブラ フレキシグライド
AXIS
SPEEDKING

まずは、その「踏み味」に一番関係が深いと思う「ビーターを動かす仕掛け」を真横から。

2014020202.jpg
SPEEDKING

2014020203.jpg
AXIS

2014020204.jpg
アイアンコブラ フレキシグライド

2014020205.jpg
スピードコブラ

上の3つは、ほぼ同じです。直接引っ張るモノ。
ダイレクト(リンク)、チェーン、ベルト、という差にかかわらず、ほぼ同じ動きをします。

4つ目は、一番一般的ではありますが、回すモノ。
真円、楕円でもやはり同じような動きです。

力学的?な話は省略します。


続きまして、あまり話題になりませんが、正面からの画像
2014020206.jpg
SPEEDKING

2014020207.jpg
AXIS

2014020208.jpg
アイアンコブラ フレキシグライド

2014020209.jpg
スピードコブラ

ここがSPEEDKINGの「ほかと一番違うところ」だと思いますが、フットボードに対してビーターが真ん中で一直線なんですね。AXISはリンク部分が一度オフセットしていますが、ビーターはやはりほぼ真ん中です。下の二つを含めて、市販のほとんどのペダルはこのようにボードにたいして「ずれて」ビーターが付いています。

これはもしかしたら音に違いがあるのかもしれないです。

明日は、実際に叩いて検証します



第2回は、あるのかな?(笑)
スポンサーサイト
  1. 2014/02/03(月) 00:00:40|
  2. ドラム研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。