ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ストラトキャスター

僕はギタリストじゃありませんが、ギターは弾いておりました。
親戚のお兄さんから「お下がり」のガットギターを貰ったのが、小6か中1の頃。
家の仕事の手伝いをして貰ったお小遣いで、おおみちさんでフォークギターを買ったのが中3でした。

本当はその時からエレキギターが欲しかったんだけど、母さんに「エレキは不良だからダメ」と言われまして(笑)いや、今なら笑い話だけど、本当の話ですから。

ですが、その頃から、うちにはなぜかエレキギターが1本は常にありました。ほとんど貰い物だったり、中古で買ったモノだったり。音が出ないヤツを直したりして遊んでいました。

たしか、1本まともなレスポールがあったはずだなぁ、と記憶はあるんですが、何処にあるか忘れておりましたら・・

ココ にありました!

返して貰っても良かったんですが、諸般の事情で、7弦パパさんから別なギターをプレゼントしていただきました。先日からチラチラ写しておりますが、きちんと紹介させていただきます。

2010111001.jpg

レスポールももちろんカッコイイですが、やっぱりこのカタチ。
3トーン・サンバーストがイイね。うっすら、トラ目が見えますがメイプルではないらしいです。

2010111002.jpg

フェンダーです。ちっちゃい字ですけど、問題なし!

2010111003.jpg

僕はトレモロ・アーム使わない・・使えないので、アームは要りません。
弦をアーニーボールの01に張り替えて、ブリッジ調整をしました。

2010111004.jpg

当然、バネは5本。しかもビンビン。
エリック・クラプトンは、ブリッジが動かないように、木片を挟んでいると噂で聞きました。
今度やってみよう。


まともに弾ける曲はありません・・(笑)
スポンサーサイト
  1. 2010/11/10(水) 23:13:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ガリガリ君

古いアンプなどのつまみを回すとガリガリとかガサガサとか言ったり、酷いときは音が歪んだり途切れたりします。普通は、修理に持っていくか、廃棄などして新しいモノを買います。

滅多な事じゃモノを廃棄しないエコなおやG池田は、こういうヤツを喜んで(笑)修理します。

ガリガリはボリューム(可変抵抗器)の接触不良が原因です。可変抵抗器は抵抗の表面を電極がスライドすることによって抵抗値が変わるという「超」アナログなパーツで、接触がすべてですから、接触面が汚れたり錆びたりすればもれなく接触不良となります。湿気や埃なども原因ですし、古いアンプの宿命とも言えます。

普通に音は出ていて、回すときだけガサガサいう軽度なモノは、電源を切った状態で10回、入れて10回ぐらいつまみをぐるぐるすれば直る事もあります。いきなり電源が入った状態でぐるぐるすると、接触面に微細ではあっても火花などが飛んだりして、さらに悪化させますので注意が必要。

コレで解決できなかったり、つまみをいじっていなくても音が途切れたりガリガリ言うモノは重傷ですので、分解してメンテなり交換が必要になります。

前置きが長くなりましたが、今回かなり重症なアンプを修理しました。
7弦パパさんのギター用パワーアンプです。

2010110701.jpg

いちおう交換用の部品も調達しました。まったく同じモノを入手するのはなかなか困難なので、同じ様な形状で抵抗値が同じモノを2種類用意しました。

2010110702.jpg

とりあえずはクリーニングしてみることに。爪を起こすと金属製のカバーが外れます。この道具は目地コテですが、なかなか細かい作業に向いています。

2010110703.jpg

丸く塗られた抵抗(多分カーボンかな)の表面も、回る電極も、汚れなどはあまり見られないので、酸化(サビ)など原因でしょう。サビを取る一番の手段は、削る、磨くです。

2010110704.jpg

かなり強引ですが、接触部分に紙ヤスリを挟んで数回まわします。やりすぎ注意。
2つあるボリュームの内1つは復活しました!
もう1つは、音の途切れも酷く状態は悪かったし、コレのせいか、あるいは電極そのものが弱っていたのか、接触しなくなってしまいました。こうなると交換しかありません。

2010110705.jpg

現物(左)を見ながら代替品(右)を作成。リード線をつけただけですが。

2010110706.jpg

元通り組み立てられる状態になりました。真ん中が、取り替えたモノです。
このギザギザの軸になっている部品って少なくて、探すのにちょっと苦労しました。ギザギザにこだわったのは「オリジナルのつまみが付けられる」という点です。これ、大事ですよね。

2010110707.jpg

組み立てて完成。音出しもOKですが、音はどうなんだろ、変わったのかな。
7弦パパさんに弾いてもらわないと分かりませんね。

さて、次はどれを修理しようかな?


この記事を見て、面白そうとかワクワクしたという奇特な方以外は、
買ったお店か、メーカーに修理に出されることをお勧めします。
  1. 2010/11/07(日) 22:34:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。