ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラーメン

じつは、僕ラーメンが好きなんですよ。
(日本人の半数以上は、ラーメンが好きなような気もしますが・・)

毎日ラーメンでも良いです。3食ラーメンでも良いです。

どこそこのラーメンとか、何会社のなんという商品ということはあまりなく、ほぼすべてのラーメンが好きです。

子供の頃、親に外食に連れて行かれ「なんでも好きなモノを食べて良いよ」といわれたときも、迷わず「ラーメン!」と言いました。今も、同じです。


インスタントラーメンも好きです。自分で作ります。
1ぱい分+αの水から沸かして、麺を入れ、粉末スープを入れ、箸でかき混ぜながら概ねほぐれたら生卵をひとつ入れます。タマゴが完全にほぐれないように加減しながら仕上げます。コレ最高です。

カップラーメンも大好きです。カップ焼きそばも好きです。昔はインスタントラーメンと同じ様な袋に入ったインスタント焼きそばってあったけど、最近見かけないですね。


そんなカップラーメンですが、最近ちょっと不満があります。
僕は、中学生の時に初めて食べた「日清のカップヌードル」こそが、オリジナルであり、究極だと思うんですよ。蓋を開けて、お湯を入れて、3分待つ。これですよ。

ここ数年、中に入っている袋を開けたり、最初に入れるスープやら最後に入れる調味料だったり、手順が多すぎるモノが多い!評判の有名ラーメン店の味を再現したから「こういう手順で作れ」みたいなヤツはどうも馴染めません。

手間をかけるなら、いわゆるインスタントラーメンの方が自分好みに作れますから。

200911000.jpg

やっぱり、こういうタイプがイイ。


ですが、唯一嫌いなラーメンがあります。

小学校の給食に出たラーメン。給食センターで数時間前に作ったヤツだったからでしょうか。とにかく、二度と食べたくないです。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/19(木) 23:59:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

池田式アンプスタンド

アニーのハートキー・ベースアンプが、斜めに45度傾くようになっているのを見て、作ってみました。ギター(アンプ)の音って、弾いている人には聞こえにくいんですが、カナリ良い感じです。

2009111301.jpg

本体の中に収まっています。

2009111302.jpg

引っ張り出します。3枚の板です。

2009111303.jpg

こういう風にカットしてあります。工作精度は中学校の「技術」程度です(笑)

2009111304.jpg

はめ込むだけ。釘やネジの類は使いません。
材料は、ウチで使わなくなったテレビ台(自作)を分解。板厚15mmのランバーコアです。

2009111305.jpg

所要時間30秒程度。強度はとりあえず大丈夫そうです。
色でも塗れば、見栄え良いんでしょうけどね。

2009111306.jpg

45度にする寸法の計算が、一番時間かかりました。

このアンプは、じつは僕のです。グヤトーンFLIP400FJ、プリチューブ、40W程度です。あまり人気機種ではないようです。リサイクルショップで6千円くらいでした。

2009111307.jpg

フェンダー(ツィード)系ヴィンテージトーンを狙ってJENSENのスピーカーに交換しました。元々そっち系の音だったみたいで、あまり劇的には変わりませんでしたね。アルニコの方が良かったかも。

リバーブがショボかったのと、このスタンドが入れられないので、リバーブユニットは外してしまいました。おそらく使わないであろうヘッドフォンジャックは外部スピーカージャックに改造。抵抗を2本外してジャンパを飛ばしただけ。ちゃんと内蔵スピーカーが切れるようになってます。

高いアンプに比べれば、まぁイマイチかも知れませんが。
タカヒロ君は気に入っているようです。

テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

  1. 2009/11/14(土) 00:26:59|
  2. バンドマンへ捧ぐ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Caravan

YouTubeの「埋め込み」に初挑戦



もちろん、僕ではありません(爆)

先日、狼煙の打ち上げでBLAST JAILのドラムすこ氏と「キャラバンって難しいよね~」って話していたので探しました。

じつは僕、たしか高校1年の時に、旭川でベンチャーズ見ました。そのころはまだドラムやってなくて、ギターやベースをいじったりしていました。バンドもまだやっていませんでした。

ベンチャーズはその頃から(もっと昔から?)キャラバンはやっていて、ドラムソロがかっこよかったけど、このノリって言うかタイム感は理解できませんでした。キャロルやディープ・パープルは良く聞いていたけど、明らかに違うリズムだし、ベンチャーズの他の曲とも違うように聞こえました。

ただ理解出来ないなりに強く印象には残ったようで、その後ドラムをはじめたときに思い出しだし叩いてみたりしたモノですが、ほぼ出来ませんでした。

もっと後になって、コレはJAZZだったんだぁ、と気付いたモノです。

こうやって見ると、それほど難しいことをしていないようですが(笑)カナリ難しいです。多分今も叩けません。じつはちょっと練習しています・・お恥ずかしい。

  1. 2009/11/12(木) 00:59:43|
  2. ドラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワンマンブリーダー自作

今の車(マーチ)は、まぁあまり壊れないんですが、ほとんど修理工場に入れていない。自分で直せたり、交換できるモノは自分でやっている。やっていると、コレが結構楽しいのだ。場合によっては専用工具が必要だったりしますが、その辺に売っていなかったり、高いモノは代用品を作る。

ブレーキフルードは、車検を工場などにお願いすると交換してくれる。前回の車検はユーザー車検で、整備も自分でやったので、ブレーキ関係はパッドの減り具合とフルードの残量チェックだけだった。あと3ヶ月で次の車検なので、さすがに今度は交換しようと思っていた。

ディーラーでやってもらうつもりだったけど、ブレーキフルードが足りなくてランプが点いていたので、近くの機械センターで一缶買ってきた。1リットル¥945なり。

こうなったら自分で交換してみよう。1リットルあれば充分なはずだ。

ブレーキのエア抜きやフルードの交換は、二人いれば特別な工具や道具無しに出来る作業だ。ネットで調べると一人で出来る「ブリーダーキット」や「ワンマンブリーダー」なるモノが売っている。キットは3~4千円ぐらいで買えるモノだが、2年に一回しかやらない作業にフルード4缶分の出費は微妙だ。

ホーマックをぶらぶらしていたら面白いものが目に付いた。

2009111001.jpg

金魚とかのブクブクに水が逆流しないようにするチェックバルブ。¥298なり。

ブリーダーキットのキモになるのは、フルードが逆流したりエアを吸わないようにするワンウェイバルブだが、基本的に同じモノだ。バルブのサイズに合わせて4mmと5mmの燃料用ホースも買ってきた。このほかにタイラップなども買ったけど、使わなかったし、ホースも5mmで丁度良かった。

作業中の写真は取り忘れたけど、分かる人には分かると思うので省略。タイヤを外して、ブレーキに付いているブリーダープラグに10mmのメガネレンチをかけてからホースを差し込む。ホースの先にはチェックバルブをつけて、空のペットボトルに突っ込む。ペットボトルは倒れないように針金でしばってその辺にぶら下げた。

プラグをほんの少し緩めて(60~90度くらい)ブレーキを踏むと、バルブの先からフルードが出てきた。逆流もエア混入もしていないので、こりゃイイと調子に乗って踏んでいたら、リザーブタンクが空になってマスターからエアが入ってしまった。愕然・・

とりあえず実験のつもりだったけど、このままじゃどうしようもないので、結局すべてのエア抜き=フルード総交換になってしまった。まぁ、結果オーライって事で(笑)

ブレーキフルード1リットル缶¥945
逆流防止弁(観賞魚用)¥298
5mm耐油ホース50cm¥75

考えていた期間 3日間
作業時間 2時間

真似しない方が良いと思います。

テーマ:DIY日記 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/11/11(水) 00:43:12|
  2. 通勤マーチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FEEDBACK

11月29日 旭川「good楽」にて

2009110801.jpg

マスター及び常連の皆様、ありがとうございました。

お店は、椅子&テーブルで30席くらいの規模。ドラムはもちろん、ギター、ベースもアンプ生音。PAはボーカルのみです。ドラムセットはお店のモノで、詳しく見ませんでしたけど、TAMAの古いスーパースターかアートスターでしょうか。おそらくバーチシェルにローズウッドかコルディアのツキ板仕上げだと思います。チューニングは結構ハイピッチでミュートもしっかり。

お店の雰囲気や、普段やっているバンドの傾向から予想はしていましたけど、カナリの小音量でやっとOK。スネアのリムから3cmぐらいのところをそーっと叩いておりました(汗)

持参したスネアはパールのウルトラキャストUCA1450。音がでかいんです、これ。
リハ後にガムテープを5cm位に切って3枚貼り付け、チューニングはパンパンに。スティックをジルジャンのJAZZからパールの7Hにチェンジ。それでも普段の2~3割のチカラで叩かせてもらいました。これならプレスフープのヤマハYD9000スネアを持参すべきだったと後悔。

基本ノーPAですので、唄の聞かせどころやギターソロでは、さらにそこから半分くらいの音量にダウン。久々に勉強させていただきました。


11月1日 狼煙

2009110802.jpg

BLAST JAILほかスタッフの皆さん、ありがとうございました。

ドラムセットは、BLAST JAILドラムすこさんのパールMX。叩き慣れてはいますが、ローピッチでノーミュート。こっちの方が数段楽ですね。

スティックはワンサイズ上げてジルジャンの5A。スネアもノーミュートで。

こちらはフルPAですから、どんな音量でもまぁイイわけなんですが、good楽での経験をふまえて、普段の練習の半分ぐらいの音量でステージ内のバランスを取り、ギターソロではドラム&ベースをグッと押さえるようにしました。叩くチカラは5割くらいです。

後日、ビデオを見る限りでは、まあまあ良いバランスで聞いていただいたのかなと思います。

2009110803.jpg

上から

ジルジャン 5A
 14.2mm×406mm

ジルジャン JAZZ
 13.7mm×406mm

パール 7H
 13mm×397mm

最近、楕円チップがお気に入りなのは、タップやフラムでスティックを立てた時と、寝かせた普通のショットの音の違いが楽しめるからです。
  1. 2009/11/09(月) 21:42:16|
  2. ドラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。