ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

謹賀新年

まだ大晦日ですが

年賀状も25日まで出すことですし

新年のご挨拶をいたします。


2008年は、皆様のおかげで6回のライブを重ねさせていただきました。
応援していただいた皆様、ご協力いただいた皆様、

ありがとうございました

2009年は、もっともっと練習をして、中身の濃いステージをお見せできるよう

メンバー共々、益々精進して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。


それでは皆様、良いお年を。


ドン・バンド写真集(発売未定)より
2008123101.jpg
2008123102.jpg
2008123103.jpg
2008123104.jpg
2008123105.jpg

そして、この素晴らしき仲間に

どうもありがとう
スポンサーサイト
  1. 2008/12/31(水) 23:44:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

狼煙

今年最後のライブは、暖かい富良野の仲間に囲まれて、
無事終了しました。

2008121401.jpg

富良野は田舎ですが、このバンドの、いやバンドシーンの火を絶やさずに
狼煙を上げ続けると思います。

とりあえず、お疲れさまでした。

そして、ありがとうございました。
  1. 2008/12/14(日) 23:36:35|
  2. バンド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

昨日の獲物

特になにも買う予定もなく、いつものリサイクルショップを巡っていると、
そういう日に限って「前から欲しかったモノ」があるのだ(笑)

2008120801.jpg

シュアーSM58
特別音がイイわけじゃないんだけど、丈夫だし「それっぽい音」がするし、PAでこれほど使いやすいマイクもちょっとない。バランスケーブルが付属していたのでお買い得感アップ!

YAMAHAの15インチウーハー
後ろにあるのは、ウーハーが飛んでしまったYAMAHAのコロガシ。交換用に。
こういうの、単品ではあまり出ない。JBLとかの高級品はよく見かけるけどね。

早速交換

2008120802.jpg

左が元々付いていたJA3813。かなり昔のモデルだけど、PA用としては定番だ。
買ってきたのはJA3812A。どうやらベースアンプ用のユニットらしい。

厳密に言えば差し替えと言うことにはならないが、基本的に似たようなモノだからいいだろう。一番問題になるのはインピーダンスだけど、どちらも8Ωだから、ネットワークに細工をする必要もないだろう。おそらく、元々付いていたユニットの方が能率が高いと思われる。

2008120803.jpg

交換終了&試聴

ビル・エヴァンス GREEN DOLPHIN STREET
15インチ2ウェイスピーカーは、昔のジャズ喫茶の音がする。JBL4331とか、アルテック620Bとか、そういう系の音だ。しばし音量全開で聞く。田舎の一軒家住まいの特権だ(笑)

やはりウーハーが能率的に負けている感じだが、コロガシの用途から考えれば問題ないだろう。
  1. 2008/12/09(火) 01:07:22|
  2. PA修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おや池の休日

2008120701.jpg

残っていた内職を片付けた。

旭川に行くことにする。今日は時間に余裕があるので、のんびり寄り道をしていこう。

2008120702.jpg

ドライブのお供はコレだ!
ジュースと珍味(笑)

ガラナは北海道でしか売ってないってホント?

缶コーヒーはいまどきホット。微糖って書いてあるけど、結構甘かった。やっぱりブラックにすれば良かった。

珍味は眠気覚まし的なアイテム。普通はガムとかフリスクなんだろうねぇ。フリスクは慣れちゃうと何粒食べても効果無いし、やっぱり口を動かすモノがイイ。ガムはどうしてもゴミがでるし、食べて無くなる珍味がベストだ。車の中が臭くなるのが玉に瑕(笑)

「話し相手」が一番だけどね。

2008120703.jpg

もうすっかり冬道だ。流石にこの時期になると、スピード違反の取り締まりとかはないけど、普通に危ないので(笑)安全運転。

2008120704.jpg

雪が降ってきた。さっそくこの時期の、北海道の冬の風物詩「単独路外転落車」があった。警察官がいたし不謹慎なので写真は無し。

2008120705.jpg

ここは、僕が18から20歳まで3年間暮らしていた町。
その時の学校も、すんでいた寮も、よく行ったホルモン屋も食堂も商店も無くなっていたけど、なんだか思い出だけはココにある。

いや、ココに思い出があるんじゃなくて、思い出は僕の中にあって、この町に来るとそれがよみがえるんだな。きっと。

この踏切を渡ると、うちのおくさんが昔住んでいた寮がありますなぁ。ああ、なつかしい。
もちろん、今はそれも無い。

2008120706.jpg

枯れ木に積もった雪が綺麗だね。
あ、運転中にデジカメを操作してはイケナイよ(笑)

ここは多度志峠と言って、旭川近郊の人は良く知っていると思う、頭文字D的に有名なところだ。去年までは、冬期間通行止めになる険しい道だった。

2008120707.jpg

トンネルが出来て、通年走行できるようになったのだ。トンネルを抜けると、旭川市嵐山だ。
旭川→留萌の最短ルートだから、沼田からそのまま275号線を南下していけば、札幌へも近いと思う。

人生も寄り道ばかりの男、おゃG池田の寄り道日記でした。

さて

2008120708.jpg

旭川ではスガデガスと待ち合わせ。
ヴィンテージギターっての?ギタリストならずとも目の保養になるね。

2008120709.jpg

任務完了!

ギターショップGS
北海道旭川市川端町5条9町目1-58(旭川西校横)

練習スタジオもあります。
お店主催のライブも結構やってらっしゃいます。

店主様、ありがとうございました。


このあと、狼煙の打ち合わせをして帰宅・・・なわけない(笑)

いつものリサイクルショップ巡りで、これまたいつも通りアイテムをゲット。
レポートは後日・・あるのか?(爆)
  1. 2008/12/07(日) 23:21:02|
  2. ドラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

しめくくり

今年は、数えてみたら合計5回のライブに参加させてもらった。

そして6回目は、今年の締めくくりとなる、これだ!

20081206noroshi.jpg


2008.12.14 sun
狼煙 vol.5

at 富良野青少年ホーム
Open 12:30
Start 13:00

入場無料

出演(出演順)
1.The Wiard
2.ドン・バンド
3.+α
4.ミックスベジタブル
5.うたがかり
6.DENO/VEALZZ
7.もじゃ
8.BLAST JAIL

主催は、ゆうふれ音楽祭でも中心となって企画運営している BAST JAIL

しかしながら、規模だけの問題ではなく、その精神は「ゆうふれ音楽祭」とは若干違う。地元重視と言うか・・・いや、僕がいうのはおこがましい。

是非、このライブに足を運んで、富良野のバンドを見て、語って、感じていただきたい。地元富良野の人はもちろん、普段このバンドと「対バン」している方々にも是非見てもらいたい。

遠方から来る人がいるかどうかは分からないけど、地図のリンクを張っておきます。

勤労青少年ホーム

みなさまのお越しをお待ちしております。


お楽しみ抽選会は・・・ないのか(笑)
  1. 2008/12/07(日) 00:10:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作品

バンド・・だけとは限らないけど、音楽一般そして演劇や落語や、いわゆる諸々の
「ステージで表現する芸術」
というのは、時間と共に空間に放出される無形のものだ。

音楽の場合、その音というのは楽器や口から発生した次の瞬間には消えて無くなり、その「次の瞬間」には、そのまた次の音か、前の音の余韻しか残っていない。例えば、1曲の楽曲を数年かけて作り込み、また数年かけて緻密に練習したとしても、音を出した瞬間にそれは終わってしまうのだ。

例えば、カタチとして残せる芸術、絵画とか彫刻、書道などは、それを書いたり作ったりしている課程は、もちろん重要だろうけど、普通それをお客さん?に見せるモノではない。

音楽は、作品としてそれを作る課程そのものと結果としての音を同時に表現というか、見たり聞いたりしてもらうものであるが故、それをあとから評価することは出来ない。残っているモノは、聞いた人のココロの中、記憶の中にしかないからだ。


つまり

何を言いたいかというと


書いていて自分でもちんぷんかんぷんになってきていますが(笑)


「自分の表現した音楽」を

聞く人たちと同じ立場で聞いたり評価することは、絶対出来ないのだ。


表現したモノを、あとで確認したり、ある程度客観的に評価するために、昔はラジカセを客席に置いて録音していた。

20年くらい前からはビデオカメラが普及してきて、映像と共に「お世辞無し」の自分(笑)を確認できるようになった。ビデオの登場は、バンドマンにとって画期的な出来事だったと思う。


どうでも良いウンチクはこれぐらいにして

やっと本題(笑)

最近はデジタルビデオが一般的で、録ったモノをDVDにしたり、昔のダビングから比べれば、飛躍的に画質劣化無しの映像を手に入れることが出来るようになった。

ドン・バンドも始めてのステージから、全部DVD化している。デジタルビデオからデータをPCに取り込み、DVDにする。特別な知識や、高価な機材、技術やノウハウは不要だ。

先日のライブで、ライブハウスからビデオをいただいた(もちろん有料ですが)
しかしこれはVHSテープ。メンバーみんなで所持するためには、ダビングしかないのだが、最近はVHSのビデオデッキが無い家庭もあるらしい!HDDレコーダーってことね。

そこで、コレをなんとかDVD化できないかということで

2008120501.jpg
ごちゃごちゃしておりますが、VHSビデオからの出力を一度デジタルビデオカメラにライン入力して、そこからIEEE1394ケーブルでPCに接続している。ビデオカメラ内のアナログ>デジタルコンバーターだけを使っているわけ。
2008120502.jpg
PC上で、こんなソフトを使って保存する。あとは、DVD作成ソフトで作っていくだけ。
正直、うまく行くのか分からなかったけど、確信だけはあったからなんとかできた。

これで、昔のバンドのビデオも、全部DVDに出来るぞ!


ま、DVD書き込み機能のあるHDDビデオレコーダーを持っているなら、こんな面倒なことは不要なのだけどね。
  1. 2008/12/06(土) 00:20:33|
  2. バンドマンへ捧ぐ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

MONSTERS CIRCUS vol.2

ドン・バンド結成2年目にして、初めての札幌ライブ。

ライブと言えば、朝早くから集合して搬入やら仕込みから始まるのがいつもの常なので、当たり前に早起きして札幌に向かう。当然(笑)早く着きすぎたので、スガデガスさんとkei.endo氏の仕事場にお邪魔して暇つぶし。

お、しぶいストラトがあるな。
2008120101.jpg

聞けば、中学生の時にはじめて買ったギターだそうな。もちろん、富良野の楽器店で。

BLAST JAIL Bi-shop氏が、遊びに来て初めて触ったというギターもコレだと思う、と言っていた。

画像で分かるだろうか、フレットを削って彫り込んである。
復活させて、どこかのライブで使うのかな?

さてさて、そんなこんなで時間が来たので、現場到着。

今回は、今までよりもうちょっと突っ込んで「見てもらう」事を考えて、少し衣装に凝ってみた。
ステージ衣装に着替えたところで記念撮影。
2008120102.jpg

チャーリー・ワッツ風に渋く決めたつもりだったが、
「デューク東郷」とか「ナニワ金融道」とか言われる始末(笑)

本番は、始まった瞬間からテンション上がりっぱなしで、あまり細かいことは覚えておりませんが、最高に気持ちの良いステージをやらせていただきました。


主催 Edgeのみなさん、
オファーをいただいた LINDAのみなさん
なまら最前列で応援してくれたElysionのみなさん
ほか出演者のみなさん
札幌SOUND CRUEスタッフの皆さん

そして、なにより昨日見に来ていただいたお客さま

本当にありがとうございました。


またいつか札幌で・・いやSOUND CRUEでやりたいなぁ。
  1. 2008/12/01(月) 18:55:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。