ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルビーの指輪

紅白歌合戦・・

あみんもなつかしいけど、やっぱ寺尾聡さん。


いいねぇ。


ドラムが山木秀夫さんだ。


カッコイイ
スポンサーサイト
  1. 2007/12/31(月) 21:26:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ドン・バンド

年の暮れに、お得意の理屈っぽい話を書いてしまいました・・

年が変わると言っても、別にアレなんですが(笑)今年を振り返ればやっぱりコレが一番だったなぁ

「ドン・バンド」

最高に楽しいバンドだったし、たぶん今までのバンド人生の中でも最高のバンドだと思う。


そして、「今やっているバンド」を「いままでのどのバンドよりイイ!」と思えることの幸せを感じる今日この頃でございます。


来年もまた楽しくバンドが続けられたらいいなと思い、なにより健康でいたいなと思います。

みなさま、良いお年を。
  1. 2007/12/31(月) 17:21:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メイプル or バーチ

きのう、グラドリのはらだ君とスネアの話をしたので、ウッドシェルの音について最近思っていることを書きます。

理論的なことは、すごくためになるサイトがあります。

深大寺しんぷるてくのろじ~研究所


こちらの「ドラム研究室」に詳しく解析されています。

じつは当ブログの名前とかぶっていますが、パクったのではなく(笑)偶然です。


さて、ヘッドの振動とチューニングについては、そちらを見ていただくとして、ヘッドにCSヘッドやピンストライプ、リングミュートなどを使うと基音がはっきりした低音よりの音に聞こえます。また、ヘッドの中心に近いところを叩くと、その傾向があります。

おそらく、ヘッドの同心円上の振動モードが優先されるためではないかと思います。そして、より真円で堅いシェルや、より堅くて丈夫なフープ(リム)、さらにテンションボルトの数が多いほど、その傾向は強く出るように思います。


一般的にバーチシェルはメイプルに比べて堅く歪みづらい材質と思われるので、基音がはっきりした低音よりの「太い音」が出しやすいのと、シェル本来の硬さから来る甲高い「コンコン」という音が混ざって、バーチらしい音になっていると思います。ローピッチでは深く沈むような低音、ハイピッチでは芯が強く抜けるような音が出ているようです。

そういう特性が、レコーディングにその特徴が生きるのではないかと思います。YAMAHAがレコーディングカスタムにバーチシェルを採用し、20数年トップモデルに君臨させていたのはそういう理由じゃないでしょうか。

私は、バーチシェルの良さを生かすためには、8本より10本のテンションボルト。フープも、プレスよりダイキャスト、さらにはウッドフープの方が良いように思います。


メイプルシェルは、堅いと言うより強い材質で「しなり」があるので、ヘッドによって押された空気によってふくらみ、その縮むチカラでさらにヘッドを押し返すという感じがします。ヘッドの音も増幅されるし、シェル自体が強く振動するので、大きな音が出て、適度なゆがみがより複雑な倍音を作り出し、華やかな音がするように思います。どちらかといえばライブでその真価を発揮しそうです。


で、どちらが良いかと言えば、それは好みとしか言えなくて(笑)結局は叩いてみて選ぶしかないんですよね。メーカーによってもずいぶん違いますしね。

メイプルも、最近多プライの厚胴シェルが多くなってきて、上に書いたようなことは一概には言えなくなって来ています。


結論
「バーチシェルのセット(も)欲しい」

テーマ:ドラム - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/31(月) 16:46:37|
  2. ドラム研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

郎平

去る12月16日の狼煙Vol.4

今回、KIYAさんが連れてきてくれたスペシャルゲスト「郎平」さん


郎平

みなさん、その演奏に聴き惚れていたと思いますが、やっぱり私はいちおうドラマーだから、ドラムばっかり見ていました。

2007122201.jpg

三国義達 氏

打ち上げでお話しさせていただきましたら、なんと私と同学年でした。なんかうれしい。
定番の質問ですが、使用スネアは Ludwig #402(スープラフォニック)しかもブルー&オリーブバッジの70年代モデルだそうです。

やっぱりコレ!

(参考画像)

ヘッドは表、裏ともLudwig。スナッピーもオリジナルだそうです。氏曰く、「REMOを張っちゃうと、REMOの音になっちゃうんだ。Ludwigらしい音はLudwigのヘッドじゃなきゃ出ない」と仰りました。う~ん深い。なんでもREMOを張ればいいと思っていた自分は、はっきりいって驚きました。

手放しちゃった#402は惜しいことをしたな・・

スティックは、パール129H「本間大嗣」モデル。
15mm × 427mm
わりと太めで、かなり長いです。これであのスティックコントロールはすごいなぁ。

本間大嗣さん(FLATBACKER→E.Z.O→LOUDNESS→ANTHEM)は、三国氏の従兄弟であり、スティックは本人からもらって使っているとのこと。郎平のメンバーさんに聞いた話ですが、その本間さんは三国氏にドラムを教わったらしいです。すげえ。

三国氏は、郎平のほかにもバンド活動をされていて
Bibsel(ビブセル)
というバンドのメンバーとして、「日経おとなのバンド大賞」全国大会本選でグランプリに輝いたそうです。


関連記事
関連記事2


なお、この模様は、明日12月23日16時頃、テレビ北海道(TVH)で放映されるそうなので、興味のある方は見てください。私は録画する予定ですので、TVHが見られない地域の方はご連絡下さい。


さて、三国氏はAKISSの演奏も楽屋から聴いていてくれたそうで、なんとも照れくさかったのですが、うれしかったです。

「この選曲は、45歳くらいだな、と思った」

なんでですか?(笑)

「僕と同世代ならKISSが1曲目に来ないでしょう?」

うーむ。仰るとおりでございます。

脱帽です。
  1. 2007/12/22(土) 23:14:14|
  2. 集え!ドラマー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

AKISS

12月17日
狼煙 Vlo.4

ビデオからの取り込み画像です。

2007121701.jpg

AKISS
最前列での応援ありがとうございます。

2007121702.jpg

みぞむ
やっぱり、イイギター弾くねぇ。しびれました。

2007121703.jpg

我らがリーダー、Aky

2007121704.jpg

はじめてのボーカルながら「いい仕事」してくれました。
ケンタ

2007121705.jpg

マツバラさん。
ミックス・ベジタブルでの姿からは想像できない方もいたでしょうが、じつはかなりのハードロック好き。

2007121706.jpg

はのっち
ベースもアクションも炸裂しています。

みんな知っている曲だと思ったので曲目の紹介はしませんでしたが、知らない人も居るかも知れないので載せておきます。

セットリスト
1. LOVE GUN (KISS)
2. Detroit Rock City (KISS)
3. HIGHWAY STAR (DEEP PURPLE)
4. long live rock'n roll (RAINBOW)

お気に入りの曲はありましたか?


ほかのバンドも少しだけ紹介。

2007121707.jpg

はい、ドン・バンドのボーカルスガデガス氏のアコースティックバージョン「アコスコア」
やっぱり、唄はピカイチです。

2007121708.jpg

そしてスペシャルゲスト「郎平」

オトコのロックだったなぁ。
かっこよかったです。


BLAST JAILはじめ、スタッフの皆様。
久々に楽しい一日を過ごしました。

ありがとうございました。
  1. 2007/12/18(火) 00:09:09|
  2. バンド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

狼煙・・

こんどの日曜日は、BLAST JAILさん主催、狼煙Vol.4です。

今回は自分のバンドじゃなくて、AKISSでカバーをやるので、スネアはいつものウルトラキャストじゃなくてこっちを使う予定。

2007121201.jpg

先日紹介したパールのスティール6半。

ダイキャストフープをつけてみました。
予想通り、スティールの攻撃的でありながら、どこかしら人間味を感じさせる「スネアらしい」サウンドに、より一層アタックのインパクトが加わって、抜群のサウンドになりました。

元のスーパーフープの音も捨てがたいんですが、今回はやる曲にどうしてもそのアタック感が欲しかったのです。

というか、ハードロックのスネアはダイキャストフープでなくてはならない、という一種の様式美でもありますね(笑)

そう、スタイルは大事ですから。


そして、もうひとつのアイテム。

2007121202.jpg

ついに手に入れました。

キタノ製作所。うわさの「チタンビーター」です。


どんなバスドラムサウンドになるのか。


16日のライブでお披露目しますので、バスドラムの音にも注目してくださいね。

乞うご期待!
  1. 2007/12/13(木) 00:14:58|
  2. ドラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ほんじつリハ

風邪をひいてしまいました。


今日はAKISSのリハがあるので、体力を温存しようと、BLAST JAILのライブも見に行かず準備しておりましたが、諸般の事情によりリハは中止。

2007120801.jpg

仕方がないので、マシンの組立でもしていますわ。
  1. 2007/12/08(土) 20:51:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんどの・・

AKISS

のやる曲はまだ秘密らしい(笑)

ですが、70年代ハードロックをメインにやります。


となると、やっぱりスネアは Ludwig#402 といきたいところだけど、パールにも良いスネアがある。

2007120701.jpg

中古に付き型番不明。
スティール14×6.5インチ
センシトーンの前身になると思う、まぁ安いスネア。

MADE IN JAPAN で造りがよく、攻撃的でありながら包み込むような太い音がする。やっぱりメタルの深胴はいいねぇ。叩いていて「盛り上がる」(笑)

テーマ:ドラム - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/08(土) 00:13:03|
  2. ドラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

慣らし運転中

ミニ四駆ばっかりいじってますが(笑)


結局、モーターから最初にあたる青いギアのシャフトは15分で終了。掃除をしてシャフト部分にだけグリスアップをしました。車輪のシャフトとハトメは30分で掃除、グリスアップをしました。その他は合計2時間ほど空回しして終了にしました。

すべての掃除とグリスアップを済ませて、寝る前に空回しして電池が無くなるまで放置しました。朝起きたら止まっていたので、多分2~3時間はまわっていたかなと思います。

それではタイヤをつけます。

2007120603.jpg

タイヤは付ける前に、もみます。縦やら横やら引っ張ったりのばしたりします。最初は消しゴムのように堅いゴムが、しっとりとしてくるまでやります。バランスを取りやすくするためですが、良くもんだタイヤはコースアウトしにくいと言っていた方もいました。

最初に一本取り付けて回してみます。ブレがあれば一度外して90度ずらして入れます。まだブレていればこんどは180度回します。これで合わなければ、45度ずらしてまた同じ手順をくり返します。それでも合わなければ表裏を入れ替えてまた同じコトをくり返します。

ホイールバランスをきちんと取ると、最高速やコーナーの立ち上がりに差が出るし、直進性も上がります。タイヤがホイールごと吹っ飛ぶコトも少なくなります。あと、燃費というか電池の持ちも変わります。耐久レースみたいなことをやると差が歴然です。

2007120604.jpg

まだちょっとブレてますが、キリがないので妥協(笑)

4本ともやります。
つけ終わったら、スピードチェッカーに乗せて走行慣らし。

2007120605.jpg

昨日充電してまだ使っていなかった電池でのスピード。
付属のモーターがFA130相当だとすれば、過去の経験からして超速ギア(3.5)で大径なら26~27km/hぐらい出るはずです。このシャーシは高速ギア(4)なので、まあまあなところだと思います。トルクチューンで25km、アトミックチューンなら30kmは出て欲しいところ。

また電池が無くなるまで走らせておきます。

明日はローラーをつけてコースに入れられると思いますが、今うちにはコースがありません。仕方がないので、こんどはモーターの慣らしでもしますか・・

テーマ:愛車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/12/06(木) 23:31:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビーター

いつも使っているアイアンコブラ

2007120601.jpg

演奏中になんか音のヌケが悪いなと思ったら、こういう風に上を向いてしまっていることがあります。画像で分かりますか?

調整ネジを目一杯締めてあっても、結構こういう風になるので、やっぱりこの手のビーターの宿命かも知れません。ココが固定式のビーターは、普通のフェルトとDWのヤツしか持ってないのでDWのモノに交換してみました。

2007120602.jpg

前にも記事にしましたが、これは重たいんですよ。踏み込むときにはっきり分かります。
しかし、昨日のリハでずっと使っていると、不思議に重いのは慣れることが分かりました。ひとことで言えば、より「チカラを抜けば」良いわけです。文章にすると簡単だけど、体感すると目から鱗が落ちる思いでした。

重いと感じるのは、慣性がかかるとき、つまり最初の踏み込みの時と速いダブルを踏もうとしたときだけだったのです。普通は振り子のようにゆらゆら揺らしていますので、重さはあまり関係ないのだと思います。どうしても、その重さが鈍さと感じるならば、ほんの少しシャフトを短くすれば解決します。

振り子の共振周波数が、おもりの重さではなく、支点からおもりの重心までの距離によって決まるという法則(?)が当てはまります。


ただし、ペダルの動きの渋さからくる「重さ」は、慣れでは解決しませんので、ペダルのメンテナンスは重要ですよ。


そういうわけで、現在ヘッドが固定式のビーターを色々物色中。

テーマ:ドラム - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/06(木) 23:00:32|
  2. ドラム研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早速ですが

とりあえず、設計図を見ながら研究・・

2007120401.jpg

なぜシャーシが三分割なのか?
わざわざ複雑にしているとか思えないのだが、車輪部分とローラーをつける部分の剛性は、一体成形だから上がるよね。それなら、まるっきりひとつのモノコックにした方が、剛性面でもコストでも有利だと思うのだが・・

まぁ、ともかく設計図通りに組み立ててみる。

2007120402.jpg

車輪の軸受け部分(ベアリング)になる部品。
ちょっと分かりづらいけど、ニッパーで切るときにわざと少しだけバリを残してある。組込がきつくなるように。昔のはこの辺の精度が曖昧で、ガタがあったりしたようだけど、最近のは不要だったようだ。

動く部分と動かない部分を明確にするのが、高効率化の第一歩。

2007120403.jpg

車軸とホイールは一度仮組みする。ホイールの穴はよく見ると中が六角になって居るはずだけど、分からなかったらどこでも良いから一回入れる。最初がどこだったか、かるく印を付けておく。引っ張って抜けた方をまずAとする。

2007120404.jpg

シャーシに組んで、指で弾きながら回してみて、また抜いて60度回して挿す。コレをくり返して、いちばんブレが無いところで、シャフトとホイール両方にしっかりと印を付ける。

2007120405.jpg

場所が決まったら、また抜いてペンチやニッパーなどでシャフトに傷を付ける。もう一度させばもう抜けなくなる。これで、A側は固定になる。

こんどは反対側(B)を同じように抜き差ししてホイールのバランスを取る。いちばん良いところでまた印を付けて完成。Bの方はメンテの時に抜き差しする方になるので、傷を付けたりしない。

挿す位置を決めないで何度も抜き差しすると、穴が緩くなって走行中にホイールごと吹っ飛ぶ(笑)コトになるけど、六角の位置を守っていれば滅多に抜けることはない。


タイヤは付けずに慣らし運転をはじめる。付属のモーターはFA130タイプであまりパワーがないモデルだと思うから都合が良い。電池もちょっと弱ったヤツが向いている。

2007120406.jpg

ホイールにブレがないことが、おわかりいただけますか。

設計図は各部にグリスを挿すようになっているけど、まだつけていない。本当は普通に組んで走らせて走らせて「育てる」のがベストだと思うけど、時間を短縮するのが目的。

ギアやシャフトなどに「アタリ」をつけるということだが、つまりすり減らすということ。回転に抵抗を与える部分を削り取ってしまうわけで、やりすぎたら逆効果だとおもう。
慣らし(エージング)は、劣化の始まりでもあるわけで、程良くやることが大事だし、やりすぎるくらいならまったくやらない方がマシだと思う。だって勿体ないでしょう?


とりあえず、ガラガラとかジャーとか言ってるのを、シャラシャラとかるい音が出るようになるまで続ける。15分に一回くらいはバラして掃除をする。掃除は筆や刷毛などで丁寧にやるのがイイと思う。使い古しの歯ブラシがとってもナイス。

エアーコンプレッサーで吹き飛ばすってのをやったことがあるけど、どうも良くなさそうだ。やっぱり手間はかかってもブラシでしこしこがイイと思う。


もういいな、と思ったらグリスをつけて削りは終了。休日ならほぼ一日で終わるけど、夜ちまちまやるなら2~3日はかかるね。

今週中に走れるようになるかな。
  1. 2007/12/05(水) 00:46:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うっかり・・

買ってしまったぜ・・(笑)

2007120301.jpg

模型屋のオヤジさんが意味深に笑っていましたね。いやはや・・

とりあえず、予備知識無しで組んでみます。


もう一台

スーパーXシャーシで大径のマシンをあらたに組んでみようと思っている。経年変化というか「ヘタレ」がどれぐらいあるのか分からないけど、シャーシの「旬」はあると思う。
2007120302.jpg

パーツはいっぱいあるし・・
  1. 2007/12/03(月) 22:05:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

走行会

今日は、ひさびさに旭川のジャンク屋巡り。

欲しいモノはいっぱいあったけど、ドラムやシンバルばっかりいっぱい買ってもしょうがないので(笑)目の保養して、終わり。

昼はスガデガスさんと会って、ファミレスで食事。
ウェイトレスさんがサンタのコスプレ(!)で目を奪われたけど、デジカメを取り出したらタイホされそうなので(笑)これも目の保養をして終わり。


帰りに、めたりすと家によってミニ四駆フリー走行会!

2007120201.jpg

ああ、楽しかった。


めたりすとさんのマシン速いっすねぇ。
やっぱ10年前のマシンでは太刀打ちできそうもないので、新しいマシンを作らなくちゃ。
  1. 2007/12/02(日) 22:37:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。