ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スティック

ピック談義に華が咲いたわけですが・・以前BBS「一打入魂」でイマイチ盛り上がらなかったスティックの話をします。現在、めろん池田のスティックケースには、主にこの3種類が入っています。

0527stick.jpg

上から
パール 110H(旧ジェフ・ポーカロモデル)
14.5mm×398mm

ジルジャン 5A(N)
14.2mm×406mm

ジルジャン JAZZ(N)
13.7mm×406mm


110Hは長くメインで使っていました。ジェフポーカロが他社と契約を結んでから、しばらくは作られていなかったのか、手に入りにくい時期もありました。最近は、5Aばかり使っています。JAZZはもっと細いのを使ってみたくて買いました。


ハードロック志向のわりには、細いのを使っていると思われる方もいるでしょう。たしかに、同じ人間が同じチカラで叩けば、太くて長いスティックの方が、大きくて図太い音が出ます。しかし、扱いきれない長さや、コントロールしきれない重さは邪魔になるだけです。

音の大きさやヌケは、チカラではないと気付いてからは、スティックは細い方へとシフトしてきています。


それぞれのスティックのインプレッションとスティック遍歴は、また書きます。なんせ、ドラムという楽器、スティックがないと演奏できませんから、ドラム歴=スティック歴なわけです。蘊蓄はいっぱいあります(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/05/27(土) 23:49:30|
  2. ドラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

何を思ったか・・

久々にピックを買ってみました。

0521pick.jpg

ドラムをはじめる前は、私もギターやベースを弾いていました。

今も昔も、まぁ百円とかそんな値段なのですが、当時のお小遣いからすれば、そんなにポンポン買えるモノでも無かったわけです。ピックと言えば、プラスチックか何かの板を三角に切ったモノ、と言うわけで、下敷きを切ったりして作っておりました。文房具屋さんでノートを買うとオマケに付けてくれたりしたものだと、原価0円ですからね。たしか、九九早見表が書いてあったヤツが、厚手で柔らかい音がしたなぁと思い出しました。


いえ、別に貧乏自慢をしているんじゃなくて、ナニかをやりたいと思ったときに必要なアイテムが手元に無ければ「作る」と言う発想があった、と言う話をしたかっただけなのです。最近は・・どうでしょうか?


ところで、ピックってこんな小さなモノですから、どこへ行ったかわからなくなりますよね。スティックなら折れたり曲がったりすることはあっても、無くなることはないですからね。ギタリストやベーシストの皆さんはどうなのでしょう?すごく沢山持ってるのかな?

テーマ:バンド - ジャンル:音楽

  1. 2006/05/21(日) 23:26:43|
  2. バンドマンへ捧ぐ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

・・・に、なりたい!

皆さん、それぞれ自分の好きなアーティストがいると思います。

例えば「A」というアーティストがすごく好きで、尊敬していて、「A」のようになりたいと思ったりするでしょう。そして「A」の曲を何度も聞いたり、唄ってみたり、コピーしたりして、少しでも「A」に近づきたいと思うことでしょう。

ですが、それでは「A」になれるわけでもなく、ましてや「A」を越えるアーティストにはナカナカなれません。一番悪い例は「物まね」に終わってしまうことです。


「Aのように」なりたいと願うならば、まず「A」がどんな音楽を聞いて育ったか、そしてどんな音楽にインスパイアされてその音楽を作ったかを調べて、そのルーツになった音楽を合わせて聞いてみることをオススメします。

メジャーやインディーズなら雑誌やそれぞれのサイトなどで調べられますし、その「A」が友達ならば本人に聞いてみれば良いです。そういう音楽の聴き方が「深い」聞き方だと思います。(正しいといっているわけではありません、オススメするだけです)


そういう聴き方を普段からしていると、「A」の気持ちに近づけますし、コピー曲を演奏していても「降臨する」精神状態になることができます。このいわばトランス状態は、ステージに於いて強烈なインパクトになりますし、場合によっては客がひく(笑)事もあるでしょうが、あなたが「印象に残るバンドマン」となることでしょう。


「A」が影響を受けた「B」を聞き、さらに「B」が影響を受けたアーティストも聞く。というふうにルーツをどんどんさかのぼると、もっと世界が広がりますし、バンドマン・アーティストにとっては「引き出し」を増やすことになります。


既存の曲をコピーするのは、模倣することによるテクニックの向上と、そのアーティストの心の中を覗くと言うふたつの意味があります。同じように弾けたと喜んでいるだけではダメなのです。


話を戻しますが、「A」が聞いてきた曲を自分も聞いて、自分の中で消化して生まれたモノは「A」に取って代わるモノですし、「A」を越える可能性を持っているのです。「A」ではなく、「自分」を目指してください。


特に最近の日本(だけじゃないですが)の曲しか聞いていない方は、是非ファンサイトなどで調べてルーツを探る旅をしてみて下さい。


めろん池田は、70年代ハードロックが大好きですが、好きなドラマーが聞いてきた音楽を調べると、ほとんどが50~60年代ジャズだと知りました。そういう風に思いながら改めてジャズを聴くと、今まで見えなかったモノがどんどん見えてくるような気がしています。

例えば、昔、私が思っていた
ロック=野蛮な、若者の音楽
ジャズ=気取った、大人の音楽
というイメージは、粉々に砕け散りました。ジャズやブルースがあったからこそロックが生まれたわけです。


そんなことを考えながら、たまには古い音楽を聞いてみることをオススメします。

テーマ:バンド - ジャンル:音楽

  1. 2006/05/12(金) 22:20:40|
  2. バンドマンへ捧ぐ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロジェクトF、その後

順調に認知され始めている「PROJECT "F"」ですが、先月の「うたがかり」につづき、今月は「宮田寿丸」の曲が、ラジオふらの(FM77.1MHz)にて一日2回流していただいております。また、ラジオふらのさんのご厚意により、CM放送も決まりました。この場を借りてお礼申し上げます。

さらに市民権を獲得するためにも、PROJECT"F"に参加された方がラジオや新聞などメディアに露出するときは、是非"F"の宣伝をして下さるよう、お願いいたします。また、次回ライブBLADES OF GRASSの宣伝も、重ねてお願いいたします。


また、PROJECT "F"の音源の著作権は、それぞれのアーティストとPROJECT"F"にあることを、今一度認識いただくよう、お願いいたします。


それはそうと、南富良野でもバンドブーム再燃か?と、いうわけで、今年のかなやま湖水祭りに(7月29日)アマチュアミュージシャン対応で、コテスト形式のライブイベントが企画されているようです。

これは、富良野のバンドマンも黙って居られませんね。詳細は、わかり次第ご報告いたしますが、興味のある方は南富良野役場に問い合わせてみては如何でしょうか?


ちなみに、現南富良野町長は、元バンドマンであります。私も確か一度、同じステージに上がったことがあったと記憶しています。


今日の一言
「バンドマンが町長の街、すばらしい!」

テーマ:バンド - ジャンル:音楽

  1. 2006/05/11(木) 22:28:00|
  2. バンド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

決定!

本日、BLAST JAIL、けちゃっぷ、ウィアードのメンバーとともに、次回ライブの作戦会議を終えてきました。

BLADES OF GRASS Vol.6

2006. 6.25(sun)

ふらの勤労青少年ホーム


開演時刻は未定(出演バンド数による)

チケット 299円

出演バンド(予定)
・AYUMU
・BLAST JAIL
・BLAST JAIL Jr
・けちゃっぷ
・ラブレサイン
ほか

日頃の練習の成果を発揮し、自分たちが楽しむとともに、お客さまにもより楽しんでいただけるよう、お楽しみ企画も用意しております。出演バンド等、詳細は決まり次第発表します。

乞うご期待、です。



そして、今日はたくろぅのバンド「ラブレサイン」の久々のリハ。

0502labre.jpg

頑張って練習しろよ。

今日の一言
「やっぱり誰かと演奏すると楽しいね」

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2006/05/02(火) 21:58:15|
  2. BLADES OF GRASS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

そろそろ

5月になりましたね。巷はGWらしいですが・・

今夜はAYUMUと秘密会議。そろそろ再開しようと言うわけで。

bnd2.jpg

BLADES OF GRASS 再始動でございます。

ゆうふれ音楽祭とともに、富良野のバンドシーンを盛り上げて行こうと思います。とりあえず、明日は中枢メンバーによる作戦会議。日時が決まりましたら、このブログにも告知いたしますので、「我こそは!」思う人はご協力をお願いします。

練習もしっかりしよう。


今日の一言
「また、みんなでやるぜ!」

テーマ:バンド - ジャンル:音楽

  1. 2006/05/01(月) 21:50:05|
  2. BLADES OF GRASS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad