ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

緊急告知!

順調に進めてきたPROJECT "F"ですが、本日最終レコーディング予定にあたり、2つのバンド(ユニット)から連絡がないため、予定を変更して再度参加バンドを募ります。

条件は
1.富良野近辺に在住、もしくは活動している「アマチュアバンド」
2.ゆうふれ音楽祭や、その他のバンドイベントに参加、協力出来ること。
3.オリジナル曲(未発表曲が望ましい)
4.約束が守れること

一番大事なのは、4番です。

また、これまでに参加しているバンドの追加参加(2曲目、3曲目)も受け付けます。


明日(3月1日)夜までに、めろん池田かめたりすとさんに連絡下さい。
めたりすとさんや、ゆうふれスタッフと協議の上、折り返し連絡します。


以上。
スポンサーサイト

テーマ:バンド - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/28(火) 12:15:39|
  2. バンド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロジェクトFも・・

そろそろ完成間近です。本日、歌詞を間違えていたそうで、うたがかりのボーカルとベースを入れ直しました。

0227-4.jpg

トラックダウンに真剣なスガデガス氏。

さて、レコーディングもほぼ終了したので、レコーディングに使用していた私のドラムセットも少々セッティング変更です。

0227-5.jpg

これは以前から考えていたセッティングで、左から10+12+16+14です。普通に考えれば変ですが、ジーン・クルーパのセッティングを見て面白いと思いました。バディ・リッチは同じ16のフロアをふたつ並べていますね。

スネアは久々にセンシトーン・スティール5半。やっぱイイですわ、このスネア。

0227-6.jpg

こっちから見るとこんな感じ。

フロアを8ビートで叩くとか、やはりメインで叩くには16インチがイイです。長いフィルインなどでフロアの連打やバスドラムとの6連をやるには、2つ並んでいた方が良いというわけで、この変則セッティング。叩いてみたら意外と違和感無いです。

順番に並べたい、というのは、やはり日本人的な感覚なのでしょうかね?

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/27(月) 22:04:34|
  2. ドラム研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

PROJECT "F"発信!

本日ラジオを聴けなかった方や、聞けない地域に住んでいる方へ、ダイジェスト版をお届けします。ブログのファイルサイズの制限でそれぞれ15秒だけ。

雰囲気だけ楽しんでください。ジャケットのデザイン、価格は未定です。

BLAST JAIL

BLAST JAIL Jr

ケチャップ

THE ウィアード

OFF

EVERLASTING

うたがかり

このCDは、来る3月19日の「ゆうふれ音楽祭”萌”春バージョン」の会場で販売し、売上金の一部はチャリティとして寄付いたします。また、CDが完成次第、事前販売も行うかも知れませんので、私かめたりすとさん、およびゆうふれ音楽祭スタッフまでお問い合わせ下さい。

※注意※
この音源の著作権は、各バンド、およびPROJECT "F"が所有いたします。著作権者に無断での二次使用等には、ご注意願います。

テーマ:インディーズ - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/26(日) 19:34:06|
  2. バンド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

PROJECT "F"発進!

いや、発信か?(笑)

あと、ひとつのユニットを残しておりますが、プロジェクト”F”のプロトタイプCDが完成しました。さきほど、めたりすとさんに託しましたので、本日のラジオでかけてくれるでしょうか。

本日、ラジオふらの(77.1MHz)ラジオリバティ番組内で


午後5:00ごろ!


めたりすとさんの「ハードギター講座」にて


その一部が公開されることと思います。


必聴!!


で、ございます。
お楽しみに。

テーマ:インディーズ - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/26(日) 14:43:37|
  2. バンド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

PROJECT "F"(続々々)

本日、ケチャップのトラックダウン終了。

0225.jpg

さすがに若手実力ナンバーワンだけに、音へのこだわりも半端じゃありません。かなり時間をかけましたが、納得いくモノに仕上がったでしょうか。

これで、今回のプロジェクトはほとんどのバンドが収録を終えました。正直、自分で言うのもなんですが、かなりの良い出来になったと思います。

ご期待下さい!

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/25(土) 23:09:50|
  2. バンド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

磁器婚式

本日、皇太子のお誕生日らしいですが、実は昨日めろん池田は結婚記念日でございました。特に何をするということでもなかったのですが、めずらしく外食をしてきました。ちなみに結婚20年はこう呼ぶらしいです。有名な(?)銀婚式は25年とか。

まぁ、いつまでたってもバンドばっかりやっていたり、いろいろと迷惑をかけていますが、ともに白髪の生えるまで・・もう生えてますが(笑)元気に暮らしたいモノだなと改めて思った次第です。そういえば、私の親は今年金婚式らしいです。

ちょっぴり贅沢して、ムスメの職場で昼食。

0223-1.jpg

おくさんのナントカ弁当

0223-2.jpg

私はカツ丼

ムスメは、休みで友達と遊びに行っていました(笑)
  1. 2006/02/23(木) 22:24:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

PROCET "F"(続々)

着々と準備が進みつつある、プロジェクトFですが、本日「うたがかり with スガデガス」(仮称)のレコーディングが滞りなく終了しました。

ティーンズ・ミュージック・~、狼煙と、どんどん頭角を現してきた、一番のダークホース「うたがかり」ですが、なかなかよく練習されていて、お見事でした。スガデガスさんの指導の賜でしょう。ちなみに、「うたがかり」の保護者が幼なじみで懐かしかったです。

さて、さらに今夜は ゆうふれ「萌」春バージョン のポスター貼りということで、山部方面担当のOFFさんがついでに寄ってくれました。

0221a.jpg

トラックダウンも無事終了。わたしとしてもナカナカ良い仕上がりになりました。
そして、東でさんが持参したリファレンスCD。

0221b.jpg

なんて、アーティストでしたっけ?イイ感じです。
めろん池田もわりと好きな感じです。

テーマ:バンド - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/21(火) 22:17:26|
  2. バンド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

PROJECT "F"(続)

本日、ラジオふらのでも大活躍だったTHEウィアードの皆さんがトラックダウンに来ました。満足していただけましたか?

0219-01.jpg

校長先生に怒られているわけではありません(笑)真剣に聞いております。

ギターが2人のバンドは、バランスが難しいですね。ボーカルも艶っぽく録れました。

そして、もうひとつアイテムの紹介。

0219-02.jpg

Bi-Shopさんからお借りしたヘッドホン。AKG K-44

AKGはアーカーゲーと読むらしいので、ドイツのメーカーでしょうか。これはMADE IN CHINAの廉価版らしいですが、伸びやかでありながら緻密なサウンドを聞かせてくれます。昨日の BLAST JAIL トラックダウンですっかり気に入りました。

きちんとしたオーディオ装置でモニターすることが大事だと思います。

テーマ:バンド - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/19(日) 22:37:20|
  2. バンド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

PROJECT "F"

ぷろぢぇくとXとして、準備をしておりましたCD作成プロジェクトは、来るべきゆうふれ音楽祭に向けて、正式名称「PROJECT "F"」としてスタートすることになりました。詳細はBLAST JAILさんのHPをご確認下さい。

本日は、めたりすとさん、ドラムすこさん、Bi-Shopさんが来て、BLAST JAILおよびBLAST JAIL Jrのトラックダウンが終了しました。

0218

真剣に聞き入る BLAST JAIL のメンバー


プロジェクト”F”は、富良野のF(エフ)です。音楽を通じて、仲間づくりや社会への貢献、果ては「町おこし」まで視野に入れた志の高いプロジェクトであります。

めたりすとさん、今度の市長選、狙ってるんじゃないですよね?(笑)

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/18(土) 22:46:05|
  2. バンド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ぷろぢぇくとXの・・

トラックダウンをしています。

0216

ミニコンポを想定して、一昔前のラジカセでモニターしています。

意外と、ヘッドホンの方が低音がクリアに聞こえるんですね。

ひとりだと、完全に煮詰まってしまいますので、早く誰か来てください(笑)


この場合は、コンプレッサーの使い方がキモになりますね。

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/16(木) 20:49:31|
  2. バンド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

変わったモノ好き

ドラムはもっとも原始的な楽器のひとつだと思いますが、構造上とんでもない変わったモノもあまりないのです。三角形のドラムなんて見たこと無いですし。

それでも、ちょっと変わったモノがあれば気になるので、買ったこともあります。

10インチのスネア

10インチのスネア。TAMA、スティール製。
タイコのピッチは、ほとんど口径で決まりますから、いくらハイピッチにしても限界があります。口径が小さければ、とんでもない音が出るかと思い、お店で叩いてみたらかなり衝撃的な音だったので買ってみました。実際にセットに組み込んでみたら、音量が足りず思ったほどの効果はありませんでした。

ロートタム

ロートタム(昔のレモ製)10インチ
コレはかなり前に、面白そうだと1個だけ買ってみました。いずれ、ロートタムだけでセットを組めばルックス的にも面白いと思っていましたが、買いそろえる前に製造中止になってしまいました。


今、気になっているのはフラッツやリズムトラベラーです。持ち運びが容易で、音量が小さいセットがあれば、場所を選ばずに演奏できますからね。

ドラムは、叩いている人が思っているより遙かに大きな音が出ています。住宅街などですと、隣人に訴えられるかも知れませんし、マンションだと事件に発展するかも知れません。小さい飲み屋とか、路上などで気軽に演奏できるセットは、今の時代には必要なモノでしょう。

なぜか、エレドラは欲しいと思わないんですよね。

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/15(水) 23:19:01|
  2. ドラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

掘り出し物

リサイクルショップには楽器も結構売っています。昔はとんでもない掘り出し物があったりしたのですが、最近はネットで古い楽器の価値というか相場が簡単にわかるので、いわゆるヴィンテージ物やレア物はそれなりの値段が付けられています。ギター、ベース、スネアなどは、中古で買って良いか迷うくらいの値段です。

ところが、ドラムセットは意外に安い物が多いです。まぁ、安いなりの品物がほとんどですが、たまにおやっと思うような良いセットが格安品と同じ扱いで売られていたりします。

ドラム3号

ドラム3号

息子の自宅練習用に、(スネアやハイハットは余分にあるので)中古のバスドラムだけを買いに行こうと思っていたら、ほとんど変わらない値段でセットが手に入ってしまいました。何故こんなに安いのかと訪ねると「スネアやペダル、ハイハットが欠品なんです」と。なるほど、確かに全部揃っていないと「ドラムセット」とは言えませんよね。

というわけで、我が家のメロン選果場にもう1セット出来上がりました。パールの「レンジャー2」で、まぁ最廉価版ですが、それなりの音がします。ヘッドを満足な物に張り替えれば、安いタイコでも練習に使うぐらいには十分です。ピカピカでなかなか格好良いです。


これだから、リサイクルショップ巡りはやめられません(笑)

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/14(火) 22:33:06|
  2. ドラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

バンドマンのための、やさしい電気1

バンドで使う楽器は、ほとんどが電気楽器(エレキ)です。ですから、最低限の電気の知識はあった方が良いと思います。ほとんどが中学校で習う「技術」や「科学」の分野ですから、難しいことはないと思います。

記念すべき第1回は、各方面からご要望の多い(笑)

はんだ付け講座!

ピックアップやスイッチ類の付け替えとか、スピーカーケーブルの配線など、アマチュアバンドマンは「はんだ付け」が必須科目です。スケールやコード理論よりも重要かも知れません。

工作少年だっためろん池田は、電気楽器をひとつも使っていないにも関わらず、メンバーの楽器のはんだ付けをいつもやっていました。


新品のケーブルと部品でしたら難しいことはあまりないのですが、付け替えとか中古部品だと、どうも音が良くないとかノイズが乗りやすいということがあると思います。絵が下手なのは笑ってやってください

イマイチ

こういう状態では、確実な接続とは言えませんし、明らかに音も悪いはずです。特にピックアップなど、微少な電圧を扱う部分では顕著に出るはずです。

イイ!

あくまでも、「接触すべき部分が接触した状態で、周りを半田で固める」事を基本としてください。電線をターミナルに絡めるか、きっちりくっついている状態にします。「付けられる部分」をはんだごてでしっかり暖め、半田を流し込むように入れます。絵や写真ではなかなか伝わらないので、何回もやって体が覚えるのが一番でしょう。

また、そのためには「古い半田」をきっちり落とすことが何よりも重要になります。
私のはんだ付け道具一式。

道具一式

奥にある、フラックスリムーバーと半田吸い取り線を持っている人は少ないのではないでしょうか。綺麗にクリーニングするためには必要ですから、最低でも吸い取り線は買って下さい。

実際にはんだ付けする画像を載せれば良いのですけれど、両手を使うのでカメラが写せません(笑)めたりすとさんかBi-Shopさん、献体とカメラ持参で遊びに来てください。

つづく。

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/13(月) 22:57:58|
  2. バンドマンへ捧ぐ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ヘッドの話(続々編)

タム・バスドラム用ヘッド
前にも書いたように、あまり頻繁に張り替えるわけではないので、沢山の種類は試していません。また、ライブなどで自分のドラムセットを使える場面は限られているので、まぁ参考程度と思ってください。


REMO(レモ)

コーテッド・アンバサダー
やはり定番、20年前はパールの上級のモデルに標準装備されていました。やはり独特の倍音があって「テン」「トン」「ドン」とちょっと濁った音がするのが「ドラムらしさ」につながっています。パンパンに張ってジャズやクラシカルなロックにベストマッチです。また、独特の倍音によって音に「ハリ」があるので、ローピッチでもイケます。ティッシュやペーパータオルをガムテープで押さえるミュートを使いますと、サスティンが自在にコントロールできるので、どんな音楽でも使えます。まさにスタンダード。

ピンストライプ
10年前くらいまで、各社中級以上のモデルに標準装備されていました。2枚のフィルムを合わせて、更に端の方を圧着してあるようです。2枚合わせただけのエンペラーとは違う音がしますし、かなりミュートがされているのでこれ以上のミュートは不要でしょう。ミドルからローピッチでその真価が発揮され、「ドゥン」と重い音が出ます。ライブハウスやスタジオ等で一番採用されているのではないでしょうか。わりとタイコを選ばず、またどんなチューニングでも同じ様な音が出るので、使い回しには好都合といえます。ただ、そこが私の気に入らないところで、あまり使いません。厚いヘッドなので丈夫そうですが、めろん池田はバスドラムを2回破いたので、意外と弱いのかも知れません。

クリア・アンバサダー
最近のドラムにはコレが標準なのが多いのではないでしょうか。余計な倍音が無く、高音域まで素直に伸びています。「ポン」という澄んだ音がします。サスティンも長いので(長すぎるときはミュートすればよい)あらゆる意味で万能なヘッドです。高次倍音まで素直に出ると言うことは、聞いた感じがハイピッチに聞こえる事もありますから、そういう部分が気に入らない人もいるかも知れません。めろん池田はコレが一番好きです。
また、素直な音でサスティンが長いことから、ボトム用のヘッドとしても向いています。表裏同じヘッドを張るよりも、裏をクリアにする方が表のヘッドの個性をより強調してくれる効果があります。

クリア・エンペラー
タム、バスドラムの打面用として人気があるようです。(ちなみに、ディプロマットは188ミクロン、アンバサダーは250ミクロン、エンペラーは188ミクロン2枚重ねです)アンバサダーより倍音が押さえられ、ピンストライプほどミュートされていないので、使いやすいのでしょう。耐久性があると思われがちですが、これもめろん池田は破いたことがあるので、何とも言えません。

CS
元はマーチング用として開発されたと聞いています。ピッチ感がはっきりしていて、とにかく良く鳴り、良くヌケます。中心部分は厚いので耐久性があり音量もありますが、エッジの当たる部分はアンバサダーと同じなので、反応が良いのだと思います。ただし「コロン」とした音で、独特の「CS臭さ」があるので、それがイヤな方にはオススメしません。バスドラム用としては、アタックが良く出るのと耐久性があるのでオススメです。

パワーストローク系は最近人気のようですが、めろん池田は使ったことがありません。使ったことがある方のコメントがあると嬉しいです。


EVANS(エバンス)

ハイドローリック
2枚のフィルムの間にオイルを挟み込んだ独自のヘッド。スティーブ・ガッドが使っていたことで、一躍有名になりました。あくまでも重く、そしてダークでディープなサウンド。ピンストライプとは一線を画しますが、少々音量がないので使いやすいヘッドとは言えないと思います。私は結構好きです。


Ludwig(ラディック)

シルバードット
ビスタライトに張れば、まさにボンゾサウンド。アタックがあり、CSよりも明るい感じで、使いやすいヘッドです。でもあまり売ってないのです。


パール・ヤマハ・タマetc

コーテッドは、やはり我慢のヘッド。クリアとドットタイプはそこそこ使えますが、サスティンと音量感がいまいちです。
ただし、特筆すべきはパールが最初に出した「ブラックビート」に代表される、メーカーのロゴが入った、黒いバスドラムのフロントヘッド。これは今や世界標準。穴をあけてしまうことがほとんどだけど、音もレモのクリアやホワイトスムーズに似ていて悪くないです。


あくまで、めろん池田の個人的感想であり、全てのヘッドを試したわけではないことを、改めてお断りしておきます。

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/12(日) 23:40:59|
  2. ドラム研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ぷろぢぇくとX

レコーディングについてのレスが多いので、噂のプロジェクトの事を少々書きましょう。これは、めたりすとさんのかねてからの野望であった「富良野アマチュアバンド・オリジナル・オムニバスCD」作成プロジェクトです。詳細はいずれBLAST JAILさんのブログ等で紹介されると思います。乞うご期待。

めろん池田は、レコーディング担当としてお手伝いしています。6バンドの収録が終わりました。時間や場所の制約が多い中、参加バンドの皆さんのご協力で順調に進んでおります。予定では、もうひとつかふたつ参加がありそうです。


レコーディング機材等についてはいずれまた書きます。

レコーディングは基本的に8チャンネル一発録り。バンドによってはボーカル等後録りもしました。音の分離(セパレーション)は悪くなりますが、バンドらしさ、ライブ感を重視しました。それぞれ、バンドの方に聞いて貰いながら仮ミックスは済んでいます。

今後、モニタースピーカーを変えながらトラックダウン作業に入ります。基本は大きいステレオで聞くことを前提にしていますが、昨今のオーディオ事情を考えますと、ミニコンポやヘッドホンプレーヤーでの音も考えていくつもりです。

ミックスダウンもできればバンドの方に聞いてもらいたいので、要望があれば出向いていきますが、できれば我が家に来てもらって確認をお願いします。


>みぞむさん、Bi-Shopさん
現場での仮ミックスとだいたいの音づくりは「聞こえた音」を基準に考えています。ですから、演奏を聴いた直後、その音を忘れないうちに「荒削り」を済ませたというつもりです。早くやらないと、忘れてしまいますからね。

人間の耳には脳内エフェクターとでも言いましょうか、元々すごい高性能のイコライザーとコンプレッサーが組み込まれています。また、聞きたくない音や耳障りな音は、無意識のうちに顔の角度を変えたりして微調整しているのです。

ところがマイクは正直ですから、ありのまま全てが録音されています。あくまでも「自分はこう聞こえた」というイメージを目標にさせてもらいました。ですから、演奏者本人としてイメージの違いを感じたなら遠慮なく言って下さいね。


やはりといいましょうか、上手なバンドほどバランスが良く、仮ミックスも楽でした。録音が早かったバンドほど、自分たちが上手だと自信を持ってください。よく練習することと、場数を踏んでいることにかなうモノはありません。

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/11(土) 22:23:35|
  2. バンド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ヘッドの話(続編)

昨日のつづきです。

EVANS(エバンス)
レモに次ぐヘッドメーカー。2枚のフィルムの間にオイルを挟み込んだ「ハイドローリック」はスティーブ・ガッドの人気とともに一世を風靡しました。

ジェネラ(コーテッド)
裏側にリングミュートを最初から装備したヘッド。私はリングミュートの音は好きではありませんが、このヘッドは「リングミュート臭さ」がなく、まとまりの良い使いやすいサウンドのヘッドです。レモよりも音量感が若干弱いので、アコースティック系には良いのではないでしょうか。

ハイドローリック
普通スネアに張る人はいないと思いますが、これが意外とイイです。タムに張るとピンストライプと似た音ですが、それよりも柔らかくダークなサウンド。太く重い音が出るのでそういう音を目指している方は面白いと思います。


Ludwig(ラディック)
ドラムメーカーとしては老舗。ヘッドも作っていますが、レモに押されてイマイチ影が薄い感じです。

コーテッド
ラディックのスネアに標準装備。音はいかにも普通のスネアの音と言う感じ。レモよりも若干ドライな印象ですが、耐久性がいまいちな感じなので、あえて買って張るということはないと思います。

シルバードット
CSのようにクリアーヘッドにドットを貼ったものですが、プラスティックではなくアルミ箔を貼っているところがミソ。ラディックのビスタライトという透明アクリルシェルのセットに張るとルックスも最高。音はCSより明るめで軽い感じ。タムやバスドラムはもちろん、スネアにも普通に使えるヘッド。アタックとヌケは欲しいが、CSだとちょっと重すぎという方はお試し下さい。


AQUARIAN(アクエリアン)
最近よく目にするようになった。評判は良いようだが、田舎の楽器屋には売ってない。

コーテッド・スタジオ
コーテッドの裏側にリングミューを貼り付けてあるタイプ。何故かわからないけど、気に入らなくて1時間でやめました。多分ミュートが強すぎだと思います。
普通のコーテッドは評判がいいので、今度買ってみようと思います。あと、カーマイン・アピス・シグネイチャーというCSの倍くらいある大きいドットを貼ったモデルがあるので、コレは是非使ってみたい。


パール・ヤマハ・タマetc
廉価版のセットを買うと標準でついてくるヘッド。コーテッドはいちおう「それらしい音」がしますが、あくまでもチープでドライなサウンド。レモを買うまでの「我慢のヘッド」という感じです。メーカロゴとレモのロゴが両方入っているモノもありますが、それらはレモ製と同じと思います。音が全く同じかというと、確信はありません。


タム、バスドラム用は、次回。

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/10(金) 18:17:58|
  2. ドラム研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヘッドの話

私なりに、使ったことのあるヘッドの感想を書こうと思います。今日はスネアドラムについて書きます。

REMO(レモ)
おそらく世界中でイチバン使われているでしょう。天然皮に変わるプラスチックヘッドを作ったメーカーです。デファクトスタンダード。

コーテッド・アンバサダー
ざらざらのコーティングがされていて、ジャズなどで使うブラシに対応したモノです。「ビン」という独特の倍音があって、それがよりスネアらしさを演出します。世の中のほとんどのスネアに標準装備されており、チューニングもしやすく、まずこのヘッドで色んな音づくりを勉強するのが王道だと思います。

コーテッド・ディプロマット
最近あまり見ませんが、昔はよくブラススネアなどに標準されていたようです。薄いのでタッチが柔らかく、反応も良く、甘い音です。クラシカルな感じを狙うにはイイでしょう。ハードヒットすると寿命はすごく短いと思います。

CSコーテッド
コーテッド・アンバサダーの裏にCSドットを張ったものです。コーテッドにガムテープを一枚貼ったぐらいにサスティンがコントロールされ、普通に使うにはミュート要らずです。中心部分は厚くなっていますが、ピッチが下がるというわけではなく、音量感がすごくあって、アタックのある太い音です。ラウドなエレキミュージックに良く合います。

クリア・アンバサダー
サスティンが長く、良く鳴ります。倍音がきれいに伸びて、高音まで素直に出ます。逆に言えばスネアには向いていないと言えますが、ミュートを上手に使えれば、反応は抜群に良いので、細かいタッチのテクニカルなプレイに向いているとも言えます。ヌケもイイです。

CS
クリア・アンバサダーにドットを貼ったものですが、サスティンが程良くコントロールされており(CSは「コントロール・サウンド」の頭文字)太く大きな音が出るので、クリアとは一変してスネアにも合います。ラウド系ミュージック、ヘビーメタル等にベストマッチだと思います。ローピッチでもガンガン抜けます。

ピンストライプ
タム類には定番のヘッドですが、スネアに張るとタッチも堅く、音も堅いです。ハイピッチでもローピッチでも同じ様な印象で「バンバン」という感じです。また、どんなスネアに張っても同じ様な音になり、タイコの個性を殺すような感じがします。好きな人にはたまらない感じなのでしょうが、めろん池田は好きになれませんでした。

コーテッド・ピンストライプ
音はピンストライプとほとんど同じです。コーテッドはブラシのためという感じで、音に影響はないようです。

ファイバースキン
天然皮革ヘッドのサウンドを狙って作られたそうです。私は、タッチが堅いうえに、タッチの差によるサウンドのバリエーションがつけにくく、いまいちな印象です。上手な方は上手くならすのではないかと思います。単純に「厚いヘッド」と考えれば悪くはありませんが、高いので無理に買わなくても・・という感じです。


☆番外編☆
使い古しのコーテッド・アンバサダー

実は、めろん池田はコレが一番好きです。ボコボコになったヘッドをドライヤーでのばしながらパンパンに張ります。その後、少しチューニングを落として調整して使います。2回ぐらいのばしたモノが一番好きです。
また、レモはロゴが小さく、あの星のようなマークがない頃の、つまり古いヘッドの方がタッチも柔らかくいい音がすると思っています。星無しの古いヘッドは捨てずに取ってあります。

長くなりましたので、レモ以外のメーカーは明日。

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/09(木) 22:47:03|
  2. ドラム研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

古いヘッド

最近、スネアはほとんど張り替えていません。一昨日のウルトラキャストが久しぶりでした。Ludwig #402を使っている頃は、ライブの度に張り替えていたんですが、どうも張ったばかりの時はいい音がしないのです。

ワンステージでボコボコになったヘッドを見て、勿体ないなぁと「のばし技」を編み出したのですが、これが意外と好みの音になりました。それ以来、Ludwig 402には、あえてしばらく使ったヘッドをドライヤーで暖めては張り、暖めては張りをくり返していました。

ギターの弦とかで言えば「死んだ弦」というコトになるのでしょうが、どうもあのスネアには、そういう風にしたある意味「枯れた音」が合うような気がします。

コーテッドアンバサダーばかり使っておりましたが、薄いディプロマットの方がもっと合うかも知れません。そういえば、ジュピターも標準で張られているヘッドはディプロマットでした。薄いヘッドはタッチも優しく、反応の良い音がします。

厚いヘッドはあまり使ったことがないです。ピンストライプは、どうも好きになれません。

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/08(水) 21:36:07|
  2. ドラム研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

寿命?

ドラムヘッドはいつ張り替えたらいいのか・・

これは、皆さん悩むところじゃないでしょうか?めろん池田も、スネアはステージがある度に毎回張り替えていたりしましたが、タム類やバスドラは1年に一回くらいでした。最近は、伸びて枯れてきたサウンドも好きになったので、ほとんど張り替えなくなってきました。

もちろん破れたりすれば張り替えざるを得ないのですが、一カ所だけボコッとへこんだ場合は、その部分だけ補修すればまだまだ使えたりします。多分、長くやっている方は、へこんだ部分にタバコの火を近づけて治したことのある方がいらっしゃるのではないでしょうか。前回のライブでへこんでしまったヘッドを直してみました。

良い子は真似しないで、新しいヘッドを買って下さい(笑)

バスドラム1

わかりますか?CSは丈夫なヘッドなのですが、渾身の力で踏み込めばこうなることもあります。

使う道具

使う道具はコレ、はんだごてと鉄板。建築屋さんがつかう「ホットガン」があれば完璧ですが、新品のヘッドより高いのでオススメできません。はんだごては、60Wのを使いました。

ギリギリです

ヘッドをパンパンに張って、触るか触らないかのギリギリまで近づけて加熱します。くっつけてしまうと一巻の終わりです。

鉄板をはさんで加熱

怖いので、薄い鉄板をはさんで、アイロンをかけるような感じで加熱します。ドライヤーでやったこともありますが、温度が低くて大変でした。

ばすどらむ2

お見事!チューニングを元通りにします。このままでもイイですが、バスドラムは特に弱った場所が破れやすいので、補強します。

コレを貼ります

REMOのFALAM SLAMといいます。定番ですよね。

完成!

こうやって張ってしまえば、元よりも丈夫になります。こういうモノを張ることで、よりアタックの効いたサウンドにもなりますから、へこむ前に張っておくのが王道でしょう。ちなみに、オフセットさせたのは、ツインペダルとシングルの両方使う予定だからです。

セッティングマット

もうひとつ、アイテムの紹介。ドラムの下にひいてあるのは、軽トラック用の荷台マットです。ゴム製で3mm、ホームセンターで¥2980でした。床の保護になりますし、バスドラムの「歩き」を防ぎます。サウンドも締まった感じになります。

外した状態

張り替え中

スネアも張り替えました。CSコーテッドです。へたったからではなく、よりアタックの強いサウンドが欲しかったからです。このヘッドは、丈夫ですし、最近お気に入りです。

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/07(火) 22:46:51|
  2. ドラム研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セツブン

旧暦の大晦日でしたっけ?明日は立春ですね。

さて、今日は用事で旭川に行っていました。ラジオふらのは聞けないので、旭川のローカルFMを聞いていました。昔バンド関係の知り合いだった方もパーソナリティやっていたりしましたけど、最近はどうなんだかわかりません。

旭川で活躍している(らしい)サカキバラなんとかさんという演歌歌手がパーソナリティの
「演歌でえ~んか?」
という番組をやっていました。もちろんかかるのは演歌のみ(笑)コレはコレで面白いなぁと聞いていたのですが・・

ちょっと驚いたのは「音がイイ」こと。最近、ポップス&ロック系しか聞いていませんでしたし、レコーディングもやったりしていたので、かなりショックでした。特にドラムとベースがイイ!ジャンルに関わらず、世のドラマーとベーシストは、今一度あらためて演歌を聞き直すことをオススメします。

ボーカルもキラキラつやつやしていて、リバーブのかけ方も素晴らしいと思いました。特に紅白歌合戦に出るような一流の歌手は、まるでスタジオの空気が見えるかのような素晴らしい録音でした。


ラジオを大音量で聴きながら運転していたのですが、もしここで事故ったりして、誰かに助けられようなシチュエーションになったら・・演歌を爆音で聴いているのは、ちょっと恥ずかしいなと考えてしまいました(笑)

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/03(金) 23:32:50|
  2. 集え!ドラマー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

節分イブ

2月は28日しかないので、あっという間に終わってしまいますね。

昨日は、自分でも何を書こうとしたかよくわからなくなってしまいました。申し訳ありません。


OFFさんがドラム持ち込みでレコーディングをやったわけですが、バスドラムに穴がないからかイコライザーをかなり変更しました。その時は「ドラムが違えばこんなに違うんだな」と思っていたわけです。

しかし、どうしてもヌケのいい音が録れなくて、私のバスドラムに変更しました。当然イコライザーも普段通りにしたのですが、なんか思っていた音にならないのです。それで、イコライザーをふたたびさっきのセッティングに戻したら良くなりました。

これは正直、目から鱗が落ちました。めろん池田は、「その楽器に合わせたイコライザーセッティング」があると思っていたのですが、実は「その人に合わせた~」があるのです。音は、楽器よりも「演奏する人」で決まるのでした。


これは、ドラマーに限らず、全ての演奏者に知って欲しいことです(もう知ってるでしょうか?)。どんな楽器を使おうと、どんなアンプを使おうと、どんなエフェクターを使おうと、出てくる音は「あなたの音」です。

良い楽器を買うより、良いアンプを買うより、エフェクターのセッティングに凝るよりも、腕を磨くこと、弾いて弾いて弾きまくって自分の音を身につけるのがイチバンです。そうして身につけた「あなたの音」は、きっと聞いている人の胸を打ちます。


なんか今日の音はイマイチだなぁ、とアンプのセッティングを見たり、スネアのチューニングをしている皆さんへ。多分イマイチなのは、あなたの体調とか、気持ちの問題です。私も精進します。

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/02(木) 22:24:00|
  2. バンドマンへ捧ぐ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

もう2月

早いモノで、今年もあと残り11ヶ月になってしまいました。

最近、レコーディングの真似事をしてつくづく感じたことを・・
ドラムに限らず、楽器の音を決定づけるのは「その人の叩き方(弾き方)」です。楽器が新しかろうが古かろうが、また高級品でも安物でも、出てくる音は「その人の音」ですね。こう書いちゃうとそれで終わりなんですが・・

ドラムの役割は、バンド全体のリズムキープと、AからBへ、BからCへと展開する「きっかけ」づくりです。オカズを入れるのもそうですし、抑揚をつけたり、他のメンバーを「その気にさせる」演出が必要になります。

オカズ(フィル・インともいいます)は12小節とか16小節とか、まぁ曲の節目に入れるので目立つし、みんな一生懸命練習するのではないでしょうか。ですが、大事なのはオカズにいく直前の状態や、曲が展開したあとの処理だと思います。オカズにチカラ入れまくって、その後がへろへろでは残念ながらノリは出せません。

めろん池田なりに色々思うことはありますが、一番キモになるのはハイハットの使い方ではないでしょうか。

例えば、曲がだんだん盛り上がってサビにいくとき、バスとスネアはそのままの音量で、ハイハットを堅く閉めた状態から段々開いていき、叩くチカラも大きくしていきます。オカズを入れてサビに入ったら、また堅く閉めて刻みます。たったこれだけでもずいぶんと変わると思います。

お試し下さい。

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

  1. 2006/02/01(水) 23:03:02|
  2. 集え!ドラマー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。