ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏タイヤ

天候不順で桜もなかなか咲きませんね

2011051301.jpg

前にも画像を載せた、桜の名所。

昨日の朝6時に、撮影してきました。ピンク色になってきてはいるけど、ほぼ咲いていません。今年は遅れているので、葉っぱと一緒に出てきています。こうなると、イマイチ綺麗じゃないんですよね。

さて

2011051302.jpg

夏タイヤを新調しました。新品を買うなんて、何年ぶりだろう・・
ブリジストンPLAYZ 175/60-14

2011051303.jpg

なんと、チッ素入り!

違いは・・・よくわかりません(笑)


マーチの標準タイヤは155/70-13です。G#やアウトストラーダなどのスポーツモデルは175/60-13が付いています。ショップカスタムモデルとして有名な、トミーカイラM13は185/55-14が付けられています。車にお詳しい方は、もうおわかりだと思いますが、これ外径がそれぞれ違います。

タイヤの直径
175/60-13 = 540mm
155/70-13 = 545mm
185/55-14 = 560mm
175/60-14 = 566mm
(ブリジストンHP調べ)

理屈的には、外径が小さいほど、加速と減速に有利になります。大きいと、加速は目に見えて鈍くなりますが、燃費はのびる傾向になるようです。

まあそんなことや、値段、在庫の関係でこのサイズを選んだわけですが、外径が変われば、一回転あたりの進む距離が変わるので、スピードメーターに誤差が出てくるはずです。

こうなると「気になって眠れない(笑)」わけで、実際どれくらい違うのか、計算してみました。

545と566では、直径が約2センチ違うわけで、計算上は約3~4%の誤差。スピードメーターが60キロを指しているときに、実際のスピードは62キロになっているはずです・・

まあ、誤差といえる範囲ですね。
この違いでスピード違反をすることは・・たぶん無いでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/13(金) 23:58:02|
  2. 通勤マーチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謹賀新年

色を塗り替えました!

2011010101.jpg

と、同僚や友達には言っております(笑)
缶スプレー8本と言ったら、半分ぐらい信用しました。

去年10月ごろから、ミッション(CVT)に異音が出始めて、ディーラーで聞いたり色々調べて、ミッション交換しかないと言う結論に達しました。ざっくり調べると新品で40万、リビルトで25万位らしい・・もっと程度のイイマーチが買えますね(爆)ヤフオクでたまに中古品(保証無し)が出ますが5万くらいです。いっそマニュアルに載せ替えようかと思いました。

仮に5万で中古ミッションを買って、プロに乗せ換えを依頼したらとか、自分で載せ替えるのには何が必要かと算段していましたが、中古車情報誌でこの車を発見。同じ1300のFF、CVTです。前の車はボディも腐ってきていたし、ドアをぶつけて自分で板金したところもイマイチだったし、黒って結構いいなと思っていたので、こっちに乗り換えることにしました。箱替えってやつですか。

前のマーチは、ハンドルを右いっぱいに切って発進加速すると「カリカリ」という音がミッションから聞こえて、こんなモノなのかと思っていましたが、他のマーチではその音はありません。やはり最初から問題を抱えていたようです。280個だかあるいらしいCVTベルトの駒の内の何個かが変形か脱落でもしていたのかも知れません。それでも、その状態から4年8万キロ走れました。実際はまだ走ることは出来ますが、いつ壊れるかは未知数です。

ディーラーとかじゃない、個人のちょっとアヤシイ系(笑)のお店で整備とかアフターとか一切無しで買いましたので、整備は持ってきてから全部自分でやりました。最初にやったのはもちろんオイル交換。真っ黒を通り越して赤っぽくなってました、エンジンオイル。車本体も自分で取りに行きました。バスとJRに乗って札幌まで行き、仮ナンバーを取ってもらって、旭川陸運支局に行き、新しい車検証とナンバーを付けて帰ってきました。一日仕事だったけど、代書屋さんと陸送を頼む3分の一ぐらいの費用ですみました。

サスペンション、マフラー、シート、ステアリング、オーディオ、ナビ、その他諸々を毎日少しずつ移植しました。約一ヶ月かかりましたね。

2011010102.jpg

自慢のBOSE、会社のおっちゃんに「おめえ、マーチにボーズなんて勿体なくねえか(笑)」と言われましたけど、コレを付けるとギターとドラムの音が良く聞こえるんですよ。

たとえ通勤でも、音楽は大事です。


おくさん「どんだけマーチ好きなのさ」
おやG「だってほら、マーチは日本のminiだから」


とってもお気に入りですが、仕事でお客さんの家に行ったときに言われました。


「池田くんのクルマは、なんでナンバーが黄色じゃないんだ?」

      「え~と・・これ、軽じゃないんですよ・・」
  1. 2011/01/01(土) 14:28:42|
  2. 通勤マーチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワンマンブリーダー自作

今の車(マーチ)は、まぁあまり壊れないんですが、ほとんど修理工場に入れていない。自分で直せたり、交換できるモノは自分でやっている。やっていると、コレが結構楽しいのだ。場合によっては専用工具が必要だったりしますが、その辺に売っていなかったり、高いモノは代用品を作る。

ブレーキフルードは、車検を工場などにお願いすると交換してくれる。前回の車検はユーザー車検で、整備も自分でやったので、ブレーキ関係はパッドの減り具合とフルードの残量チェックだけだった。あと3ヶ月で次の車検なので、さすがに今度は交換しようと思っていた。

ディーラーでやってもらうつもりだったけど、ブレーキフルードが足りなくてランプが点いていたので、近くの機械センターで一缶買ってきた。1リットル¥945なり。

こうなったら自分で交換してみよう。1リットルあれば充分なはずだ。

ブレーキのエア抜きやフルードの交換は、二人いれば特別な工具や道具無しに出来る作業だ。ネットで調べると一人で出来る「ブリーダーキット」や「ワンマンブリーダー」なるモノが売っている。キットは3~4千円ぐらいで買えるモノだが、2年に一回しかやらない作業にフルード4缶分の出費は微妙だ。

ホーマックをぶらぶらしていたら面白いものが目に付いた。

2009111001.jpg

金魚とかのブクブクに水が逆流しないようにするチェックバルブ。¥298なり。

ブリーダーキットのキモになるのは、フルードが逆流したりエアを吸わないようにするワンウェイバルブだが、基本的に同じモノだ。バルブのサイズに合わせて4mmと5mmの燃料用ホースも買ってきた。このほかにタイラップなども買ったけど、使わなかったし、ホースも5mmで丁度良かった。

作業中の写真は取り忘れたけど、分かる人には分かると思うので省略。タイヤを外して、ブレーキに付いているブリーダープラグに10mmのメガネレンチをかけてからホースを差し込む。ホースの先にはチェックバルブをつけて、空のペットボトルに突っ込む。ペットボトルは倒れないように針金でしばってその辺にぶら下げた。

プラグをほんの少し緩めて(60~90度くらい)ブレーキを踏むと、バルブの先からフルードが出てきた。逆流もエア混入もしていないので、こりゃイイと調子に乗って踏んでいたら、リザーブタンクが空になってマスターからエアが入ってしまった。愕然・・

とりあえず実験のつもりだったけど、このままじゃどうしようもないので、結局すべてのエア抜き=フルード総交換になってしまった。まぁ、結果オーライって事で(笑)

ブレーキフルード1リットル缶¥945
逆流防止弁(観賞魚用)¥298
5mm耐油ホース50cm¥75

考えていた期間 3日間
作業時間 2時間

真似しない方が良いと思います。

テーマ:DIY日記 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/11/11(水) 00:43:12|
  2. 通勤マーチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しまった・・

最近、車の燃料計が変だ。満タンなのに空っぽみたいな表示になったり警告ランプが付く。もしガソリンタンクに穴が開いていたり漏れていたら大変なので調べてみたがなんでもないようだ。

考えられるのは、センサー(多分、タンクの中にある「浮き」のようなモノ)の機械的な異常か、配線の接触不良が原因だろう。リアシートを外してタンクの上蓋?まで到達した。開けてみようかとグッと力を入れたところで、色んな大惨事が頭をよぎって、やめた(笑)

冷静に考えれば、普通に壊れるところではないし、やっぱり考えられるのはセンサーからの配線だろう。一応コネクタの掃除をして元に戻して置いた。警告灯はつかなくなったが、相変わらず表示はちょっと変だ。

まあ、それ以外は特に不調もなく、順調だ。

朽ち果てるまで乗るぞ!

距離は順調に伸びて、去年

99999

冬に

111111

ときたから、今度は123456を撮ろうと思って、デジカメを常に持ち歩いていたら・・

2009082301.jpg

うっかりしてました。撃沈

今度は222222のぞろ目か・・先は長いぜ。

最近ドラムの話書いてない。
ネタは結構ある。

また次回。

おっと、忘れていた。
今月の頭に、美瑛のライブ行ってきた。以前バンドにオファーがあったけど、諸般の事情で出られなくなった「おれんちカーニバル」と言うイベント。

2009082302.jpg

新生エリシオン

またどこかで一緒にやりたいですね。
  1. 2009/08/23(日) 10:31:52|
  2. 通勤マーチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノーマルで行こう

マーチ純正アルミホイール
5J×13オフセット+45
155-70-13

2009080400.jpg

いわゆるノーマルタイヤ。
実はデザイン的には、これが一番似合う気がする。

2009080401.jpg

こう見ると、ちょっと細くて頼りない感じ。
乗り心地はいいけど、見た目もうちょっと太いタイヤがほしい。

車を買って、最初に変えてみたくなるのは、オーディオとタイヤ&ホイールだろう。
雑誌やホイールのカタログなんか見ていると、バネ下重量とか、運動性能とか、燃費とか、いかにも変えたほうが性能アップするようなことが書いてある。確かにアルミと鉄を比べたら、アルミのほうが軽いが、丈夫なのは鉄だ。必要な強度を得たものは、必ずしもアルミのほうが軽いとは限らない。

じゃ、計ってみましょう。

2009080402.jpg

ノーマル(純正アルミ)155-70-13
11.7kg
タイヤのサイズや、銘柄によっても重さはずいぶん違うので、参考程度で。

2009080403.jpg

これは日産純正だけどパルサー用155-70-13
13.2kg
オフセットが+35ぐらいなので取り替えたが、マーチ用より重い。
マーチ純正のは写真を撮り忘れたけど12kgぐらいだった。

2009080404.jpg

ホイールキャップも結構な重さがある。
0.5kg

オートバックスとか覗くと、13インチは軽乗用車用が多くて、マーチ用にはリム幅やオフセットが手ごろなのがない。そうなると必然的にインチアップして14インチを選ぶことになる。これまたカタログなどには、コーナリングフォースやらインチアップを薦めるようなことが書いてあるが、重量は確実に重くなる。

2009080405.jpg

よくあるタイプのアルミ。6J×14インチ。185-55-14
13.6kg

2009080406.jpg

友達に譲ってもらったスパルコN1、6J×14。185-55-14
12.9kg

番外編
2009080407.jpg

娘のK12マーチ純正スチール5.5J×14。165-70-14
12.9kg

結果:
一番軽かったのは、取り外してしまったけど、ノーマルのスチールホイール(キャップ無し)だった。重量云々をいうなら、ノーマルから取り替えないのがベストと言うことになりますな(笑)

軽いと何が良いのだろう。加速性能アップ、燃費向上、になるのだろうか?
次に軽かった純正アルミをしばらく履いていたが、明らかな燃費の差はなかった。町中の信号や一時停止が多いところばかり走っているなら、きっと軽い方がいい結果が出るのかも知れない。

それよりも、走り方の方が重要だ。よく言われる話だけど、加速減速をなるべく少なくしたり、エアコンを使わずに窓を開けて走ったりすると明らかに燃費は伸びる。

今現在、通勤メイン、時々旭川に行くぐらいで燃費は17km/リットル台をほぼキープしている。タイヤは、下から2番目のスパルコに履きつぶしスタッドレスだ。


最近、ハイブリッドカーとか売れているらしい。燃費は確かに良さそうだけど、燃料代の差額で車の代金の元を取るのは多分無理だと思う。


エコカー減税とか補助金とか、おまけに古い車の自動車税は高くなるし、古い車に乗っているとなんだか悪いことをしているような空気を感じるけど、究極の「エコ」は・・・

古い車を大事にのって、買い換えない事だと思うんだけど。


違うか(笑)
  1. 2009/08/04(火) 22:25:25|
  2. 通勤マーチ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。