ドラム研究室

北海道の田舎バンドマンのドラマー覚え書き ★★不定期更新★★

報告など

第5回ドラムミーティングは、諸般の事情により僕とみ●みさんの二人だけで

がっちりと濃い内容で行われました。

かいつまんで書きますと

・スネアドラムのシェル材質と厚さによる音の違い

・同じシェルでサイズ(深さ)による違い

・カバリングと塗装仕上げによる音の違い

・ヘッド、チューニング、スナッピーなどによる違い

・リムの種類と厚さによる違い

・各メーカーによる音の傾向

等々


いつかまとめて書きたいとは思いますが、各メーカーやショップのHPや、いろいろなドラマーのブログなどで書かれていることを見るに付け、言葉で伝えるのは難しいと思うところです。興味のある方は是非自分で叩いて、または叩いている生音を聞いて感じて欲しいモノだとおもう今日この頃であります。


今回の餌食はコレです



ケースがなかったので風呂敷・・



すいません、無意味に引っ張ってしまいました。

2012120502.jpg

ずいぶんと前になりますが、故ジョン・ボーナム氏の息子、ジェイソン・ボーナム氏が使っていたのをドラムマガジンかなにかで見て以来ずっと気になっていました。

「あの丸いラグ(のドラム)はなんだろう?」

2012120503.jpg

ドラム・ワークショップ(通称DW)

ちょうどその頃、故ジェフ・ポーカロ氏が使っていたチェーンペダルで名を知られるようになってきました。



最近は、プロだけでなく、アマチュアでもずいぶん使っている方を見かけます。

ワタクシもついに購入(中古ですが)してしまいました。

2012120901.jpg

DWコレクターズ・メイプル CL1406 サテンフィニッシュです。
深さ6インチです。

購入の決め手になったのは、前回のミーティングで叩かせて貰った、643kinさんの CL1405(5インチ。カバリングフィニッシュ)の音です。

2012120902.jpg

バームクーヘン(笑)

ヘッドはレモではありません。違うメーカーに作らせていたモノと思われます。タッチなどでエバンスのような気もします。最近のモデルはレモになっていますね。

2012120903.jpg

厚いシェルと、厚いプレスフープで、爆音系です。

ですが、まとまりはすごくあります。作りもアメリカ製とは思えないくらい丁寧です。まるで日本製かと思うぐらい(笑)。Ludwigはかなーりアバウトな作りでしたからね。



考察に戻りますが、スネアの音は色んな要素で決まります。

色々やってみると分かりますが、決め手になるベスト3はこれ
 ①ヘッド
 ②チューニング
 ③構成部品(シェル・スナッピー・リムなど)

ところが、コレが意外な落とし穴でして、これらの要素はアタックやサスティーンに関わるモノで、これはスネア単体やセット「だけ」を叩いていて聞こえるモノです。

実際バンドで演奏すると、アタックやサスティーンはそのほとんどが他の楽器にかき消されて、あまりシビアには聞こえないモノであると最近思うわけです。

実際、ある程度の大きな音の中から聞こえてくるのは、ほんの少しのアタックと直後に聞こえる「バン」とか「ボン」と言うような胴鳴りの音がメインであると思われます。サスティーン(余韻)に至っては、ほぼ聞こえない、と。

「バンド演奏」で決め手になるベスト3は少し変わります
 ①叩き方
 ②シェルの材質とサイズ
 ③チューニングやその他のセッティング

いかがでしょうか。


つづく。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/09(日) 23:59:39|
  2. 集え!ドラマー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

第5回ドラムミーティング

前回(第4回)は、ワタクシ個人的な急用で中途半端で終了してしました。


そういうわけで、唐突ではありますが


12月3日 月曜日

午後7時(ごろ)より


富良野勤労青少年ホーム 2F 音楽室 にて

第5回ドラムミーティングを開催します。


皆さんの参加をお待ちしております。

持ち物=スティック(以下同文)


終了後、午後9時頃より

市内居酒屋(予定)にて、打ち上げも予定しております。

ある意味、こちらの方が「本当のミーティング」であるかも知れないです。



こちらの方だけの参加ももちろん大歓迎です。

実費必要です。3千円くらい・・


時間的に、またお酒が伴う席でもありますので、未成年の方はあらかじめ保護者さま等へ承諾を得ておいてください。お車でお越しの予定の方は、ご注意ください。



ニューアイテムの入手が間に合えば、お披露目できると思います。

まだ内緒です。



よろしくお願いします。
  1. 2012/12/01(土) 22:45:53|
  2. 集え!ドラマー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミーティング報告

13日のミーティング風景です。

私事ですが、急用が入ってしまいドタバタ終了になってしまったことを
お詫び致します。

打ち上げも予定しておりましたが、出来ずじまい。

今度は「打ち上げだけ」やりますか(笑)


今回の餌食・・じゃなかった、テーマは

2012111301.jpg

「643kin」さんのドラムセットをとことんいじろう!

80年代ごろのTAMA。インペリアルスターだったかな。
まあ廉価版ではない、いわゆる中堅どころのセット。

もちろんMADE in JAPANなので、作りは上等。
鳴りは押さえ気味だけど、しっとりとして重量感のある音ですね。

2012111302.jpg

バスドラのチューニングを、みんなであれこれいじって、結局
パワーストローク3を張ってることだし、ノーミュートがイイかなと。

2012111303.jpg

新品のしかもパワスト3に躊躇無く穴をあけた件については
あまり突っ込めず・・(笑)

2012111304.jpg

各社5インチスネアの比較検討。

左から
パール ウルトラキャスト
DW コレクターズメイプル
ラディック LM400


やっぱり、僕も次はDWが欲しいな・・

なおKくんも「欲しいスネア」が決まった模様・・



まだまだ話し足りない中、お開きとなりました。

次回またよろしくお願い致します。




さて、先日買ったハイハットクラッチの続報

2012111305.jpg

パールのハイハットスタンドのロッドにTAMAのクラッチが入らないのは
確認していたので、ノギス持参で測量

TAMA 6.3mm
パール 6.9mm

どちらもいくつか計ったので、グレードではなく、メーカーで決まっているようです。
このぐらいの差だったら、統一して欲しいモノです。

2012111306.jpg

TAMAのスタンドにパールのクラッチは付きますが、
いまいち締まり切らないので、思いっきり踏むとズルッとずれてしまいます。

ロッドを締める部分が、クランプ式になっているのがアダになったようです。

2012111307.jpg

半分諦めていたところ、ジャンクスのみ●みさんが「ばくって」くれたので
なんとか使えるようになりました。

「いまいち残念」感が残りました。


本日の一言
「パールにはパールを。TAMAにはTAMAを」

お後がよろしいようで・・
  1. 2012/11/13(火) 23:47:53|
  2. 集え!ドラマー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お知らせです

不定期開催となっておりますが

ドラムミーティング

を、開催の運びとなりました。

来る

11月12日(月)

午後7時~9時

富良野勤労青少年ホーム 2F 音楽室


毎回、特にテーマは決めていませんが、楽器やチューニングの話。奏法や練習方法。どうでも良いような(笑)オタク話で盛り上がっています(?)



ドラマーの皆さん

ドラムをこれから始めようという方。

久しぶりにドラムを叩いてみようかと思っている先輩方。

とりあえず叩けないけど、ドラムが好きという皆さん。

どなたでも歓迎です。
是非ふるってご参加ください。


必要なモノ

スティック
(コレは是非。自分のスティックじゃないと分からないこと、たくさんあります。他の人のスティックを使ってみることも大変面白い経験ですが、そこに自分のが有るともっと面白いです)

自慢のマイスネア、マイシンバルなど
(無くても可、スネアのチューニングに迷いがある方など、三人寄れば文殊の知恵。)


ノーアポイントメントで構いませんが、ご一報頂けるとなお嬉しいです。
僕の携帯を知ってる方はお電話で。知らない方はこのブログの「メールはこちら」から送ってください。よろしくお願いします。


余談ですが、先日おくさんの用事で旭川に行って、滅多に行かないリサイクルショップじゃない(笑)楽器屋さんに行ってきました。

2012110601.jpg

こんなモノをゲット!

いやカタログもですが、手前にあるハイハットクラッチです。
パール製ですが、しばらく新品楽器とご無沙汰していたら、思わぬ進歩を見逃していました。

2012110602.jpg

この部分です。

ドラマーの皆さんなら覚えがあると思いますが、トップハイハットを締めているネジが緩むことは多いです。上側ならいつでもいじれますが、下側は緩むと演奏中は直せないし最悪トップが落ちてオープンに出来ないという経験をお持ちの方は僕だけじゃないと思います。

これなら、演奏中に緩む可能性は限りなく低くなりますね。

カタログを紐解いてみますと、ヤマハからも同じようなシステムが発売されていますね。タマは出てないようです。残念。


あと、クラッチのシンバル保持部分ですが、これはゴムのような樹脂で出来ています。フェルトとどっちがイイかは分かりかねますが、これは流行モノという感じで、数年から10年単位で流行ったり廃ったりしてるように思われますね。僕はフェルトの方が好きです。


  1. 2012/11/06(火) 23:13:52|
  2. 集え!ドラマー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

スティックケースの中身

日曜日は、旭川のサウンドビレッジに行って来ました。

先日THUNDER LOUD LIVE!に来て頂いた、ブラズさんの企画ライブを見てきましたよ。
昔、何度かご一緒した札幌のLINDAさんも出ていました。
みんな格好良かったです。

そのときに出ていたバンドの、若いドラマーさんですが、スティックを2本だけジーンズの尻ポケットに挿していました。おー、カッコイイ!漢だねぇ、と思いました。


僕は小心者なので、練習、本番にかかわらず、スティックケースにいっぱいスティックを入れていきます(笑)

他のドラマーさんはどうですか?

スティック2本派?

スティックケースどっさり派?

どっさりの方。
同じスティックを沢山?
色んなスティック?

というわけで、自分のスティックケースの中を紹介します。
2012041101.jpg

多分、20年くらい前から使っている、パールのスティックケース。
ちょっと高かったけど、丈夫です。

2012041102.jpg

こんな感じに入っています。
スティックじゃないモノも入っています。

中身です。

2012041103.jpg

ジルジャン5A
最近はコレばっかりです。

手前から、練習で使っているモノ。
先日の本番で使ったモノ(本番は、ほとんど新品を使います)。
新品も常に入れてあります。

2012041104.jpg

コレが全部

右から

Zildjian 5A
ナイロンチップで、えげつないくらいシンバルが鳴るのがお気に入り。

Zildjian Trilok Gurtuモデル
バンドメンバーのパパさんから貰ったモノ。練習で時々使います。

Zildjian JAZZ
5Aと同じチップで、ワンサイズ細い。音抜けが悪いなと感じたときや、音量を下げたいときに使います。

Zildjian 菅沼孝三モデル
長すぎて使いこなせない(笑)修行のため。

Pearl 7H
多分、一番細い。音抜けが良く、使いやすい。狭い場所でやるときに重宝しそう。

Pearl 110H
今は亡きジェフ・ポーカロ先生モデル(だった)コレもすごく使いやすい。

Pearl 115H IAN PAICE MODEL
このシグネーチャーは、もうパールには無いはず。どちらかと言えばプチ自慢用(爆)

5A以外は、なんか思い通りに行かないときに時々使います。無くてもほぼ困らないけど、つい持っていきます。

5AとJAZZは自宅にストックもあります。

2012041105.jpg

スティック以外

レモのインパクトパッド。
ハイハットのフェルト。
スナッピーテープ
スナッピーコード
練習パッド用ゴム板
チューニングキー色々
アイアンコブラのビーターウェイト
セットリストの紙


他のドラマーの、スティックケースの中身、気になります。
  1. 2012/04/11(水) 22:19:39|
  2. 集え!ドラマー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad